感謝の種

こんにちは
今日が今年最後のブログになります。
来年は4日、もしくは5日から開始いたします。
今年も最後までご覧になっていただき、ありがとうございました。
ブログは毎日更新するはずが1日置きになったり、2日空いてしまうこともありました。
そのような状況でしたが、ご覧になっていただきありがとうございました。
心から感謝申し上げます。
今日は 感謝の種 です。
不思議なことに何かに対して「有り難いなぁ」と思っていると、有り難いと思うことが連続して起きます。
どんなに苦しいことも、辛いことも少し時間を置いて感じてみると、そこには感謝の種があり、学びの種があります。
生きていくことそれ自体が、感謝の種を見つけゆくことだと私は思います。
今日起きた出来事、今日お逢いしたあの人の中に感謝の種があるかもしれません。
来年も感謝の種を見つけていきたいと思います。
では、良いお年をお迎えください。
今年もありがとうございました。


感謝の種


感謝の種は
どこにでもある
ただ、それを見つけてゆく
最初は見つからなくて
そんな種はないと思うけれど
一つ見つけると
また、見つけることができる
感謝の種は
すべての経験に
詰まっている


お世話になった人

こんにちは
今日は お世話になった人 です。
今年もあと数日で終わりますね。
今年も多くの方にお世話になりました。
治療にお越しいただいた皆さん、ブログをご覧の皆さん、そして、ホームページを制作していただいたWEBMAKERさん、大変お世話になりました。
ありがとうございました。
他にも陰では多くの方に支えていただきました。
一年を振り返るとお世話になった皆さんの顔が目に浮かびます。
昨日で年内の治療は終了させていただきました。
真夜中の帰り道、夜空に浮かぶ星を眺めながら幸せな一年だったことを噛みしめていました。
満たされた気持ちが胸から体を飛び越え、空いっぱいに広がってくことを感じました。
来年の今頃はどんな気持ちで過ごしているのか分かりませんが、今この瞬間は二度と来ることのない尊い時間です。
今この瞬間の幸せを心いっぱいに感じています。
今年お世話になった皆様ありがとうございました。


*ブログは明日も更新します。



お世話になった人


目を閉じると
浮かぶ顔
耳を澄ますと
聴こえてくる
あの声は
温かい心が
詰まっている
溢れそうなくらい
温かい心が


あるがままに

こんにちは
今日は あるがままに です。
心に携わる療法、思想ともに西洋の教えは能動的な働きかけるものが多く、東洋は受動的な受け入れるものが多いです。
ゆるやかな坂道では西洋、東洋、双方の療法をバランス良く使っています。
現在、読んでいる坂本政道さん著書アセンションの鍵にはネガティブを受け入れるという内容が書かれていました。
私たちの現在の意識、地球の意識も第3密度です。
これが第4密度へ上がっていくようです。
第4密度の意識状態は怒り、不安、憎しみの無い精神状態だと誤解する人が多いようですが、決してそのようなことではなく、怒り、不安、憎しみの感情が起きたときに、それをあるがままに受け入れていく状態のようです。
怒り、不安、憎しみが起きたときに、まだこんな心があると自分を責めたり、修業が足りないと未熟さを嘆くのはまだネガティブな領域にいるようです。
第3密度の中でも第4密度に近い状態はネガティブとポジティブが統合された状態であり、湧きあがる感情をありのままに感謝して受け入れることのできる意識状態だそうです。
この本の中の「ネガティブを受け入れる」章は本当に納得しました。
そして、ゆるやかな坂道で行ってきたものが間違いなかったと大きな自信にもなりました。
「あるがままに受け入れる」これは仏教思想で昔から語られてきたものです。
もし、あなたの心に消してしまいたい感情が起きてもその感情に気づき、あるがままに受け入れてみてください。
心はもっと楽に自由になっていくと思います。


あるがままに


今、湧き上がる思いを
あるがままに
ありのままに
受けとめている
すると
感情は和らぎ
心の海へ
溶けてゆく
穏やかな
心の海が
地平線の彼方へ
広がってゆく



ハートで

こんにちは
今日は ハートで です。
現在、治療にお越しになっている方の中にはカウンセリングを学ばれている方もいらっしゃいます。
カウンセリングは確かに技術がありますが、技術だけに走り過ぎると治療にお越しになった方は温かいものを感じることができません。
まだ習いたての頃は技術で覚えていくことも大切ですが、勉強が終わった後はハートでお話を聴いていくことが大切だと思います。
カウンセリングは頭でなく、心で聴いてこそ、心を開いてくださると思います。
頭で聴くカウンセリングは表面的なもので終わります。
心で聴くカウンセリングは一つ風景が浮かびます。
その時の感情、心のひだを感じることができます。
カウンセリングに限らず、皆さんは私生活でも人の相談にのることが多いと思います。
相手の方のお話を心で聴いてみてください。
もっと深く解り合えると思います。


心で聴く


君の話を
心で聴いている
すると
君の話から
一つの風景が浮かぶ
君がいる場所
君の感情を
共に感じている
君の心を
深く 深く
聴いている


働く

こんにちは
今年も残すところあと8日ですね。
今日は 働く です。
先日、お越しになった方から「最近、働きました」というお話を聞かせていただきました。
この方は心の治療に専念するため、しばらくの間、仕事を辞めて休養していました。
先日「働けることに感謝しました」という言葉を聞かせていただき、改めて働くことの有り難さを感じました。
働くことは健康な体があり、必要とされる仕事があってこそ、働くことができ
ます。
何気なく毎日働いていますが、働けることの尊さを知ります。
そして、更に喜びを持って働けることは幸せです。
情熱を持てる仕事で人のお役に立つことは、深いレベルで心が満たされていきます。
世の中は様々な仕事があります。
この仕事を通じて誰かのお役に立てる素晴らしさを感じてみてください。


片隅で


君の笑顔を見たとき
この仕事をしていて
良かったと
感謝の心が湧いてくる
君の涙を見たとき
君の役に立ちたいと
心から願っている
君の歩く道の
片隅で
君を見守っている


光陰矢のごとし

こんにちは
今日は 光陰矢のごとし です。
月日の経つのは光の矢を放つように早いという意味です。
今年も瞬く間に時が過ぎていきました。
一年前の私は来年の今頃、こんなに多くの方にお越しいただけることを予想していませんでした。
本当に有り難い月日でした。
ありがとうございました。
ある本に書いてあったことですが、月日を早く感じるのは今、この瞬間に生きていることを楽しく思っているとき、時間が過ぎていくことが早いようです。
今この瞬間、この時間を大切にしていくことが未来へ繋がっていきます。
地球では時間軸で物事を考えていますが、宇宙では過去も現在も未来も同じ瞬間に存在していると言われています。
この話は理解が難しいので、また改めて書きますね。


時間


同じように
時計の針は
時を刻んでいくのに
早く感じたり
遅く感じたりしている
君と過ごす時間は
やわらかな時間となって
心を癒してゆく

幸せに向かって

こんにちは
今日は 幸せに向かって です。
人はこの世に生れ、物心ついたときから幸せに向かって生きていきます。
不幸に向かって生きていく人はいません。
現象だけを見たら不幸に思うようなこともあるかもしれません。
しかし「より良く生きたい」その望みを抱き、幸せに向かって生きていきます。
今が幸せでもその幸せが続くように、更に幸せになるように歩を進めていき
ます。
イップスの治療、心の治療は「本来の力を取り戻す」幸せになるための治療です。
幸せと言っても人それぞれ、受け留め方、感じ方が違いますが、困っていたことを解決し、希望へ向かって生きていくためのものです。
今年も残り僅かとなりましたが、幸せに向かって歩いています。


幸せに向かって


幸せに向かって
歩いている
それが魂に
刻まれている
未来へ
思いを馳せると
幸せに満ちた
自分がいる


言葉

こんにちは
今日は 言葉 です。
普段何気なく使っている日本語は世界の中でも最も美しい言葉だと言われています。
母音のあいうえおは右脳を活性化することができるようです。
言霊といい言葉には魂が宿っていると昔から言われてきました。
美しい言葉を話す人はどこか美しい空気をまとっています。
広告の役目は言葉から何かをイメージし、言葉で心を動かします。
誰かを好きになったときもその気持ちは、瞳の輝きや空気で察知することもできますが、言葉で伝えてこそ、気持ちが心に響きます。
そして、私はブログで言葉を伝えています。


好きな人


好きな気持ちは
言葉で伝えたくても
いつも伝えられない
もどかしさを感じながら
そのまま時が過ぎ
あの頃を
懐かしく思う
好きな人は
ずっと
胸の中にある
今もずっと


準備

こんにちは
今日は 準備 です。
先日、昔からの友人であるTさんにお逢いしました。
Tさんある会社の経営者です。
今は不景気と言われているので、Tさんの業界を考えると大変なことになっていると思いました。
Tさんの言葉を予測してお逢いしたのですが、世の中に反して業績はとてもいいと話してくれました。
「なぜ、そんなにいいのですか」とお聞きしたところ「先を読んで準備していたからです」と答えてくれました。
しかし、それだけでなく、Tさんの考え方にも秘密があるように思いました。
Tさんは感謝の心が深く、どんな経験の中にも学びの種、感謝の種を見つけていく人です。
先を読んで準備していても、横に反れてしまうことがありますが、何か大切なものを聞いたように思います。


心の向き


同じ経験をしても
心の感じ方で
道が別れてゆく
感謝の種を
見つけたとき
人生の学びが
深まってゆく


自己啓発

こんにちは
今日は 自己啓発 です。
自己啓発の本もたまに買います。
先日読んだ本はプラス思考満載の文章でした。
プラス思考の言葉は素晴らしいと思いますが、そればかりでは現実味に欠ける気がしました。
人の心は辛さも感じ、苦しさも感じるから感謝も知り、喜びの大きさを心から味わえるのかもしれません。
あえて、辛さや苦しさを進んで感じる必要はありませんが、私はすべての感情は宝物だと思います。
心は四季のように夏があり、冬があります。
冬を感じた後も夏に向かって歩いて行けばいいと思います。


正直に


人の前では
強がっていても
自分に対しては
正直でありたい
苦しいと言い
悲しいと言い
嬉しいと言う
この心の声を
正直に感じていたい


休息

こんにちは
今日は 休息 です。
最近は休息の大切さを身にしみて感じています。
休息は体だけでなく、心にも休息が必要です。
信号で言えば黄色信号が心に出ていてもまだ前に進み、赤信号が出てもそれでもまだ前に進み、体や心を酷使することがあります。
体も心もその正直な声を感じることができるのは自分自身です。
体の声を聴く時間、心の声を聴く時間はとても大切です。
素直に響く声が聴こえてきます。
休息とは 休む息 と書きます。
時々息を休めて体の声、心の声を聴いてみてくださいね。
溢れ出る本当の声を。


心の声


静かに
心の声を聴いている
何に向かおうとしているのか
どこへ進むのか
何が本当にしたいのか
心の声は
耳を澄ますと
聴こえてくる
静寂な時の中で
響いてくる


あなたのそばに

こんにちは
今日は あなたのそばに です。
確か昨年だったと思います。
キリンビールの企業広告で赤坂見附の構内に大きなポスターが貼ってありました。
そのポスターのキャッチコピーが「あなたのそばに」という言葉でした。


あなたのそばに


私はあなたのそばにいます。
あなたが悲しみでうなだれる日も
喜び満ち溢れるときも
私はあなたのそばにいます


たくさんの言葉が描かれていましたが、覚えているのはこの文章だけです。
私はお酒が飲めないのですが、このポスターを見たとき改めてビールは悲しいときも嬉しいときも飲むものだと気づかされました。
お祝いのときも、別れのときも、一人で悩み苦しんでいるときも、そこにはビールがありますね。
そして、セラピストもあなたのそばにいます。
素晴らしいセラピストは心の中で生き続けます。
素晴らしいセラピストとは、あなたが自宅に帰ってセラピストの顔を思い浮かべたとき、心が温かく優しい気持ちになる人です。
素晴らしいセラピストはあなたと逢えない時間もあなたの心を癒し続けてい
ます。
あなたのそばで。


夕日のような


夕日のような
温かさが
心に満ちてくる
優しさに出逢えたとき
心は癒されている
胸の真ん中で
優しさが
こだましている


初心

こんにちは
今日は 初心 です。
ことわざで「初心忘るべからず」という言葉があります。
今、野球はオフシーズンなので海外で活躍する選手も日本へ帰ってきます。
ある選手は日本へ帰国したとき、母校の高校のグラウンドでトレーニングをします。
一流選手ですから、母校のグラウンドでトレーニングしなくても他にも場所はたくさんありますが、彼が母校のグラウンドでトレーニングするのは初心に帰るためであり、自分の姿を後輩たちに見せることで、夢や希望を与えているのだと思います。
後輩たちの言葉は○○選手は送球が速く、走り方が綺麗だと聞いています。
私も以前は時々恩師の所へ行き、生徒さんと一緒に勉強する機会を作っていました。
恩師のところで勉強することで、自分が忘れていたものや、大切にしたいこと、新しい発見を感じていました。
今は残念ながら、恩師のところへ行く時間がなくなりましたが、時折、当時学んだノートを開くようにしています。
初心へ帰って心を磨いています。


あの頃


あの頃へ戻ると
未来に対する希望と
不安を抱えて
学んでいた
駅から歩く道筋は
何かを心配しながら
歩いていた
夢を抱き
夢に向かって
ゆるやかな坂道を
歩いていた


心の潤い

先日、ヴァイオリニストの宮本笑理がテレビに出演されいました。
生での演奏でしたが、これが本当に美しい音色でした。
現在、テレビCMで流れているハプスブルグ展のバックに流れている音楽
です。
美しい音楽は心が癒され、心が潤うことがわかります。
音は耳だけでなく、体全身で、全細胞で聴いています。
宮本さん曰く一日でも休むと、指の筋肉が衰えるとおっしゃっていました。
そして、宮本さんの自宅の様子も出ていましたが、イメージ通りの綺麗なお部屋でした。
美しいソファと硝子の飾り棚が映っていました。
ゆるやかな坂道にも音楽奏者の方がお越しになっています。
音楽奏者の方は美しい部屋で美しい食器や絵画に囲まれて暮らしているイメージがありますが、現実はごく普通の家に暮らしているそうです。
ただ演奏するための部屋は必須で、防音完備だとおっしゃっていました。
美しい音色は心を潤していくことを改めて感じました。


美しい音


美しい音は
心がしなやかに
なめらかになる
美しい君の声は
心が安らいでゆく
どこまでも
深く
深く

ご縁

こんにちは
今日は ご縁 です。
日本にも世界にもたくさんの人がいる中で、すべての人とご縁が持てる訳ではなく、ご縁が持てる人は限られています。
私は若い頃は人に恵まれていないと思うことがありましたが、晩年になってきて多くの方に恵まれている有り難さに気づきました。
それが不思議なことにSさんとの出逢いから人に恵まれるようになりました。
Sさんは60代半ばの方ですが、感謝の心が深い方です。
私は何かあるとSさんに相談することが多くなりました。
人に恵まれるようになったのは、Sさんとの出逢いから人とのご縁に感謝できるようになったからだと思います。
ご縁に感謝していると、素晴らしい方がまた、素晴らしい方を連れて来るように連鎖していきます。
ゆるやかな坂道へお越しになる方は心の綺麗な方が多いです。
日本中、世界中にセラピストは存在していますが、私は最も人に恵まれていると思います。
今日はどんな方にお逢いできるでしょうか。


ご縁


人の出逢いから
少しずつ人生が変わる
出逢う人に感謝して
出逢う人に教えられ
また新しく誰かに
出逢っている
人と人の間で
生きている



七夕の人

こんにちは
今日は 七夕の人 です。
一年に一回だけお逢いする人をこんな風に呼ぶ人は多いかもしれません。
先日一年ぶりにある方にお逢いしました。
Kさんと逢ったのは今から10年前かもしれません。
その時から、一年に一度12月にお逢いしています。
何年か前に大病を患って大変な時がありましたが、無事に生還して退院してきた方です。
現在、ゆるやかな坂道の部屋にある緑のランプはKさんからの贈り物です。
Kさんはいつも綺麗なエネルギーに包まれています。
きらきらした瞳の中に銀河を感じます。
どこか地球の人とは違う空気をまとっています。
「もしかしたら、違う星から来て地球の勉強をしているのかもしれない」
そんな風に思う、私の思いは言葉に出せないまま12月を迎えています。
不景気とは言いつつも、金曜日の終電車は多くの人を乗せて闇夜に消えていきます。
私が逢う 七夕の人 は宇宙の訪問者のような方です。


銀河の星


君の輝く瞳から
宇宙を感じる
澄んだ心は
銀河の星となって
地球を見つめている
この星を見守っている



信頼

こんにちは
今日は 信頼 です。
信頼は目に見えないものです。
しかし、人は信頼を感じたとき、行動に移すようです。
先月末、ゴルフダイジェストオンラインにインタビュー記事が掲載されました。
現在ではイップス治療で上位表示されていますが、ゴルフダイジェストオンラインに掲載されたことが皆さんの信頼性を高めたようです。
多くの方からご連絡をいただきました。
検索エンジンでhpを見つけてもまだ二の足を踏んでいる人は多いです。
イップスが心理療法とメンタルトレーニングの技術で本当に治るのか、信じられない方もいます。
これから河原の石を積み上げるように、信頼を一つひとつ積み上げていきたいと思います。
ホームページも更に分かりやすく進化させていく予定です。
皆さんに信じていただけるように。


信頼の石


信頼は心の鍵を開けていく
信頼できるから
安心する
信頼できるから
任せられる
何度も逢って
信頼の石を
積み上げてゆく
今日も一つ
明日も一つ

天と地

こんにちは
今日は 天と地 です。
天の力と地の力です。
現在、読んでいる本は五木寛之さんの「人間の運命」です。
五木さんの本を読むと実に正直な本だと思います。
人の一生は楽しいことばかりではない、苦しみも、悲しみもあることを教えてくれます。
この本の中の一節でこんなことが書いてありました。


努力しても叶わないことが多い。努力や意志は本当に小さいものだ。
だから、私はやはり人生をそういうものとして受け入れ、受け止められるように生きていきたいとふと思う。
人は自分の人生を選んで生きているようで、何か見えない風に吹かれて生きているのではないか。
                五木寛之「人間の運命」より



五木さんの思想の根底に流れているのは仏教の教えです。
仏教は「受け入れる」ことを教えてくれます。
そして、巷にある自己啓発本は「夢に描いたことは努力すれば叶う」と謳っています。
人はここへ生まれて来る時、人生の設計書をプランニングしてきますが、私は100%ではないと思います。
天の力で導かれるものもありますが、その時、どんな風に感じてどんなことを大切に生きていくのか、そこまでは決めてきていないと思います。
私の考える人間の運命は見えない力が作用する「天の力」と自分を磨きあげていく努力「地の力」が大きく関わっていると思います。


天に続く道へ


天の力に導かれ
目の前に広がる道を
歩いてゆく
この道を
ただ、ひたすらに
歩いてゆく
喜びを感じ
悲しみを感じ
天に続く道へと
歩き続けている


大好きなこと

こんにちは
今日は 大好きなこと です。
昨日、花まるマーケットで荻野目洋子さんが出演していました。
結婚されて、お子さんもいると聞いてびっくりしました。
デビューして20年も経つようです。
時の流れを感じました。
荻野目洋子さんが「しばらく休んで、また歌を歌ったとき、本当に私は歌うことが大好きなんだと心から思いました」とおっしゃっていました。
そう言ってスタジオで歌った荻野目さんはキラキラしていて、荻野目さんの言葉が良くわかりました。
人は大好きなことをしているとき、輝いています。
大好きなことをしているとき創意工夫が生まれます。努力が苦になりません。
例えばパン屋さんがあったとします。
あるお店はただパンを事務的に作っています。
また、あるお店はパンを作ることが大好きな人が心をこめてパンを作ってい
ます。
どちらのお店のパンが美味しいか分かりますよね。
心をこめて作ったパンは長持ちするそうです。
世の中には大好きな仕事をしている方もいますが、そうでない方もいます。
しかし、自分の時間の中で大好きなことをしてみてください。
きっと心が癒されます。
心から幸せを感じます。


大好きなこと


大好きなことは
幸せを感じる
魂から溢れ出る
喜びがそこにある
静かに
心の奥で
幸せを
噛みしめている


驕らずに

こんにちは
今日は 驕らずに です。
不思議なことに人は驕りが出てしまうと、その道での成長が停滞してしまい
ます。
もしくは下降していきます。
自信が出ることは良いことですが、驕りとは周りの方への感謝の気持ちがなくなったときかもしれません。
すべてを自分一人で得たように思う心かもしれません。
私の恩師は「無能であれ」とおっしゃっていました。
その裏には「有能であることを振りかざすな」という意味と「心の治療は技術だけじゃない」ということでした。
セラピストは有能であることを振りかざしたとき、治療にいらっしゃった方の心はどこか遠い所へ行ってしまうと思います。
生きていると、いろんな経験をしますから、有頂天にもなるし、自慢話もしたくなります。
しかし、どこか原点に帰る心を持つことで大いなる成長を遂げていくことができるのかもしれません。


帰る場所


心はどこか遠い所へ行き
体験し
また、ここへ帰ってくる
謙虚な自分へ
感謝できる自分へ
帰ってくる
この場所へ


Profile

阿 部 久 美 子
IMTメンタルオフィス ゆるやかな坂道 代表
メンタルトレーナー
スポーツメンタルセラピスト
イップスの治療
野球 送球イップス ゴルフ テニス
メンタルトレーニング
メンタルケアをしています

New Entries

Categories

Archives(612)

Link

Search