心の栄養

こんにちは
今日は 心の栄養 です。
体に食事や睡眠が必要なように心も栄養が必要です。
先日のブログにも書きましたが、何か楽しいと思える時間や癒される時間を持つことで心はスタミナを回復していきます。
なんとなく感じたことはありませんか。
人それぞれ心の栄養は違いますが、私の心の栄養は人生の師となる方と話すことで、心は元気になります。
月に一度お逢いするのですが、いつもこの方の言葉は心の深いところで納得させられます。
腑に落ちるものがあります。
そして、毎日多くの方にお逢いできることも、私にとって喜びの日々です。
心の栄養は元気になり幸せを感じるものが、そこにあります。


心の休憩


心は
目に見えないけれど
疲れたり
元気になったりしている
心が喜ぶ時間は
幸せの種が
そこにある


インターネット

こんにちは
今日は インターネット です。
今はインターネットがあるので、こうして皆さんとお逢いできます。
インターネット無い時代は電話帳で調べたり口コミでお店を調べる時代でした。
インターネットがあるお陰で日本全国から、海外から、皆さんとお逢いすることができます。
大変有り難いことです。
イップスをはじめ心の症状や悩みのことは人には言えないことがあります。
インターネットがあるお陰で、多くの人が誰にも内緒で治療を受けることができます。
インターネットは顔が見えない世界ですが、なんとなくここに流れている空気感や優しさや心に対する気持ちをこのhpから受け取っていただければ幸いです。
制作者の思いは見えない言葉となって伝わることを信じています。
これからもゆるやかな坂道のホームページがあなたの心安らぐものになっていますように。


優しさ


優しさは
誰もが持っている心
あの人の優しさは
あの人の思いやりは
気がつくと
自然に感じている
心に深く
響いている


修正能力

こんにちは
今日は 修正能力 です。
プロスポーツ選手、トップレベルのアマチュア選手、プロの音楽奏者の方が持っているものが修正能力の高さです。
その道で開花していく人にとっては大切なものです。
修正能力の高さは誰に言われなくても、無意識で失敗の経験から何かを学んでいます。
一見マイナスに見える失敗の経験もその中には宝物が入っています。
より力を伸ばすための糧になっています。
トップクラスの選手はそこから学び、その経験に感謝して、また挑戦を続けていきます。
これは普段の私たちの生活にも生かしていくことができるようです。
積み上げてきた石が落ちても崩れた事象を学び、崩れたからこそ分かった経験に感謝できるようです。
転んでも起き上がり、また転んでも起き上がって生きていく。
人生はそんなことの連続かもしれません。


転んでも


転んで
もう起き上がれないと
涙しても
生きる力は
計り知れないほど
強く
また
歩きはじめる
転んでも
起き上がって
この道を
歩いてゆく


私も大切

こんにちは
今日は 私も大切 です。
今から15年ほど前のキリンビールのCMのキャッチフレーズが「私も大切」というものでした。
このキャッチコピーは糸井重里さんが作者です。
世の中は骨身を削って世のため人のために尽くしている人が大勢います。
しかし、まず自分の生活できて、健康な体を持って、初めて人の役に立つことができます。
骨身を削ることは美徳ですが、自分も大切にしていくことが長続きします。
セラピストも自分自身がリラックスしていること、心の静けさを持っていることを大切にしています。
これは恩師の先生からも言われています。
人のために尽くしていくことは大変素晴らしいことですが、自分も大切にしてくださいね。
あなたの楽しさやあなたの喜びを。


私も大切


気がつくと
自分の時間を削り
自分の楽しさを
捨てている
私の楽しさは
私の喜びは
私でないと
味わえない時間
私も大切だと
気づいたとき
心は満たされてゆく


幸せ

こんにちは
今日は 幸せ です。
ゆるやかな坂道にはスポーツ選手、音楽奏者から一般の方まで多くの方がお越しになっています。
お越しになる方が改めて言われる言葉は、スポーツ選手は普通に体が動くことの有り難さです。
イップスになってみて改めてその尊さがわかります。
一般の方もパニック障害の方は普通に電車に乗れることや、対人恐怖症の方は普通に人と話せることの有り難さをおっしゃっていかれます。
普通に過ごしてきた日々は実は有り難さの連続です。
それができなくって改めて、身にしみてわかることが多いです。
何気ないことですが、今日、ご飯を食たこと、屋根のある家に住めること、布団の中で眠れること。
当たり前に過ごしている毎日も、一つひとつが幸せなことの連続です。
人生の中でそれに気づく節目があるのかもしれません。
今日、ブログを通じて皆さんに逢えたことに感謝しています。


幸せは


普通に暮らしている毎日は
その一つひとつに
幸せが詰まっている
それに気づくのは
失くしてみて
はじめてわかる
心から
有り難さを知る日が
やってくる


無意識のコミュニケ−ション

今日は 無意識のコミュニケ−ション です。
先日、モバイルサイトの制作会社さんが売り込みにやって来ました。
残念ながら今回はお断りしました。
人は意識だけでなく、無意識でもコミュニケ−ションをしています。
営業の方がいらっしゃった時は最後までお話はお聞きしますが、お逢いして5分でこの方にお願いするかどうかが決まります。
それは無意識レベルで何かを感じ取っているからです。
その人が包まれている空気からもお願いしていいのか、どうなのか答えが出ています。
このホームページの制作会社さんもお逢いして3分で決めていました。
問い合わせの電話をするまでは他の会社も見たりしたのですが、他の会社のhpを見てもやはり最後はこの制作会社さんのhpへ戻っていました。
hpは皆さんと繋ぐ心の架け橋です。
このhpは私にとって子供のような存在で、いつも愛しく思っています。
この制作会社さんにして本当に良かったと今でも心から感謝しています。
言葉にならない無意識の感覚を素直に受け取ってみてくださいね。
きっとあなたのお役に立てると思います。


無意識


言葉にならない何かを
感じている
君の心は
君を包む空気へ
溶け出している
清らかな心が
優しい空気となって
君を包んでいる


忘れる

以前のブログにも書きましたが、私たちの毎日の経験は意識から無意識の中へすべて入っていきます。
しかし、意識レベルでは次々と忘れていきます。
意識レベルで忘れていくことでまた新しい情報が入ります。
そして、忘れていくことは心にとって、とても大切なことです。
忘れていく中に癒しがあります。
セラピーでは過去のトラウマを無理やり掘り起こすものや、幼い時の環境や記憶に限定してしまうものがありますが、それは心を更に苦しくしてしまい
ます。
ゆるやかな坂道ではその症状が起きてしまったきっかけを聞いていきますが、原因を狭い範囲で決めつけたり、幼少の辛い体験を掘り起こすことはしていません。
無意識の働きかけは意識レベルに負担をかけることなく、必要なことをしてくれます。
心が楽になっていきながら、症状が無くなっていきます。
ゆるやかな坂道はここを目指しています。
あなたの心はあなたが一番の理解者です。
どんな治療がいいのか、どこの先生がいいのか。
心にそっと聞いてみてくださいね。


もう一人の自分


心はもう一人の自分
心の声は
自分が誰よりも
聴いている
誰よりも
わかっている
なにが嬉しいのか
なにが悲しいのか
なにが苦しいのか
自分が一番よく知っている
心は
一生共に歩いていく

名前も知らないまま

こんにちは
今日は 名前も知らないまま です。
昨日、地下鉄の職員室から一人の男の子が泣きながら出てきました。
職員の方が男の子の頭を撫でながら、改札に入る姿を見送っていました。
どうやら迷子になったらしく、帰り道を教えていただいた紙を一枚持っていました。
その光景を見て昔、自分が迷子になったときのことを思い出しました。
小学一年生の頃です。
母や兄弟と新潟の繁華街へ買い物に行ったのですが、途中ではぐれてしまい銀行の前で一人で座っていました。
帰り道は知っていたのですが、一人になってしまった悲しさと脱力感で途方に暮れて座っていました。
10分ぐらいすると一人のお姉さんが声をかけてくれました。
「家はどこ?」「あっち」という風にそれを何度も繰り返し、信濃川に架かる万代橋を渡り30分以上も歩いて家まで送り届けてくれました。
どこのお姉さんなのか名前も知りませんし、顔も覚えていませんが、今でもあんなに長い距離を一緒に歩いてくれたことに感謝しています。
もう一人中学生の頃、お世話になった人がいました。
その日はたまたま遅刻をしてしまい、登校途中に雨が降り出してきました。
雨の中を歩いていると一人のお姉さんが、傘をさしてくれました。
最初は「大丈夫です」とお断りしたのですが、学校の玄関まで傘をさして歩いてくれました。
このお姉さんも名前も知らないまま、顔も覚えていませんが、時々この風景を思い出します。
傘をさして歩いてくれた優しさに感謝の思いがこみ上げてきます。
名前も知らないままお世話になった人達が過去のどこかにいますね。
迷子になったあの男の子もいつか、地下鉄のおじさんのことを思い出す日が来るかもしれません。


心のどこかに


名前も知らないまま
顔もわからないまま
あの時の優しさを
覚えている
思い出すと
心が温かくなる
思い出は
心のどこかに
宿っている

こんにちは
今日は 音 です。
音はそこから何かをイメージしていくことができます。
ゆっくり流れる音楽を聴いていると、何となく心もゆったりとしてきます。
ゆるやかな坂道ではイメージングで使う音楽と無意識への働きかける音楽を変えています。
音の大きさも変えています。
そして、感情のコントロール法は無音の中で行っています。
音楽も人が心地良さを感じる音域、音階があります。
ダニエルコビアルカさんのお音楽にはいつも助けてもらっています。
このブログはいつも無音の中で書いています。
治療にお越しになる方は時々「先生のブログは静かですね」という言葉をいただきます。
無音の中で書いているせいもありますが、騒々しいブログは山ほどあるので、静かに心地良く心に響くものになればと考えています。
心癒される音楽も、音のない無音の中にもそれぞれの良さがあります。


音楽


音楽が心を
変えてゆく
音楽が懐かしい記憶を
甦らせてゆく
音楽が心を
励ましてくれる
音楽はいつも
そばにある


感謝を知るため

こんにちは
今日は 感謝を知るため です。
ここに何のために生まれてきたのか。
精神世界の本を読むといろんなことが書かれています。
「体験していく」それが大きな目的ですが、私自身の目的は様々な体験から感謝の心を知るためだと思います。
どんなに辛いときも感謝していく、それができるまではこれでもかと様々なことがありました。
しかし、振り返ると残ったものは感謝の心でした。
人間ですからどんな状況でも感謝しろと言われたら、それは心の縛りになってしまいます。
時には怒ることもあるでしょう。虚しいと感じることもあるでしょう。
しかし、最後は感謝の心へ行き着くと人生は良い方向へ流れていきます。
開運グッズは必要ありません。
パワースポットも必要ありません。
高価な水晶や数珠を持っていたとしても、感謝の心がなければただの飾り
です。
何も持っていなくても、ただそこに感謝の心があれば、それだけで人生は大きく変化していくと思います。


感謝の心


感謝を知るために
人生には
いろんなことが起きてゆく
晴れの日ばかりは続かない
雨の日も
雪の日も
感謝する心があれば
また青空に逢える


お試し

こんにちは
今日は お試し です。
先日古くから知人のある経営者Kさんにお逢いしたときのお話です。
Kさん曰く「経営はどうにもならない底を這う時がある。しかし、底を這う苦しさに耐えられた人だけが、その後、天から追い風が吹いてくる。天はもしかしたら試しているのかもしれないですね」というお話でした。
そのお話は身にしみて分かることでした。
ゆるやかな坂道も開業当初は赤字でした。
最初は細々とやっていました。
しかし、少しずつ治療にお越しになる方が増え始めました。
赤字の頃はあと一カ月だめだったら、もうセラピールームを閉めなければいけないと覚悟していたぎりぎりの所で、天からの風が吹き始めました。
天からの風は自分の努力を超えたところに存在しているような気がします。
今、こうして毎日多くの方にお逢いできることは、感謝以外の何物でもありません。
そして、ゆるやかな坂道が最初から大きな黒字だったら、今の状況を感謝する心が半減していたと思います。
傲慢になっていたかもしれません。
少しずつゆるやかな坂道を登るように、繁栄できたことを幸せに感じます。


少しずつ


少しずつ
地に足をつけて
登る山は
自分の身になっていく
少しずつ
ゆっくりと
確かに
この山を越えてゆく
笑いながら
泣きながら

癒し

こんにちは
今日は 癒し です。
先日ある方にイメージングしていただき、出てきたものがインドへ行ったときの光景でした。
インドの聖者に逢ったときのお話です。
インドの聖者がいるその空間は外の灼熱の空気と違い、なぜかひんやりしていてとても心地いいそうです。
何日かそこで聖者の話を聞くそうですが、一緒の空間にいるだけで心が癒されるそうです。
「生涯であんなに心癒されることはなかった」とお話いただきました。
精神のエネルギーは外へ向かって放射されています。
素晴らしいセラピストは技術の前に、一緒にいるだけで 心が癒される そんな人であると私は思います。
それはヒーラーも一緒です。
ヒーリングの技術はいろいろありますが、ヒーラーそのものが「心癒されるエネルギー」に包まれてこそ、人は癒されていくと思います。
癒しというものを心から学んだ一日でした。


澄んだ瞳


一緒にいるだけで
心が軽くなる
一緒にいるだけで
勇気が湧いてくる
一緒にいるだけで
心が癒される
その人の目は
青空のように
澄んでいた


今、この瞬間に

こんにちは
今日は 今、この瞬間に です。
ゴルフの宮里藍選手が見事に返り咲き活躍したことで、最近、週刊誌には宮里選手のメンタルコーチが良く出ています。
コーチ曰く、プレーに集中するため今を感じていく訓練をしたと書いてありま
した。
確かに今、この瞬間を感じることでプレーに集中できます。
しかし、私たちの心は毎日、毎分、毎秒 今を感じ続けることはできません。
心は未来へ行き、過去へ行きます。
それが人間の心の本能です。
ゆるやかな坂道では未来の自分を思い描いていきます。
既にそうなっているようにリアル体験をしていきます。
過去は過去を悔むのではなく、過去に感じた心身のいい状態やプレーを思い出していきます。
本来の潜在能力の種に気づいていきます。
そして、感情のコントロール法では今、この瞬間を感じていきます。
ゆるやかな坂道の治療とメンタルトレーニングは未来へ行き、過去へ行き、今現在をしっかり感じていきます。


心の時間


心は
今この瞬間を
感じていながらも
いろんな所へ飛んでゆく
未来へ行き
過去へ行き
思い浮かべると
いろんな感情が
交差してゆく
過去のあの時間に
未来のあの時間に
自分が存在している

電車

こんにちは
きょうは 電車 です。
現在は自宅の寝室以外にもうひとつの寝室があります。
それが電車の中です。
電車の中は人の声もするし、揺れるのに眠ることができます。
帰りの電車で座れたときは、3分すると眠っています。
電車の中は中刷り広告もあり、いろんな人が乗車していているので見ているだけで、勉強になります。
一人で乗っている人、友達同士の人、親子、恋人同士など「人を感じていく世界」がそこにあります。
表情から、身振り素振りから、会話から、心を感じていく電車の中はいろんなことを教えてくれます。
ゆるやかな坂道ではたくさんの方にお逢いしますが、時には外へ行き、更に多くの人の心を感じて心の声に耳を傾けていくことが今後の目標です。
電車の中で見る風景も私に何かを教えてくれます。


心の声


心の声が聴きたくて
多くの人に
逢ってきた
心をありのままに
感じたくて
言葉にならない
心の声を聞いている
君の心は
泣いている
笑っている
澄んだ心の声が
聴こえてくる


働く

こんにちは
今日は 働く です。
長く続く仕事、充実感が持てる仕事はそこに働く喜びが存在していると思い
ます。
誰かの役に立てることや、その仕事が好きという気持ちが大きいです。
全ての人が好きな仕事に就いている訳ではありませんが、どんな仕事の中にも一粒の喜びが存在しています。
それを見つけていくことで、本来のやりたい仕事にたどり着くことができると思います。
これは私が体験したことです。
自分の経験を振り返ると、すべてがセラピストをするために必要なもので
した。
今、目の前にあることを大切していくことが未来へ繋がっていくようです。
苦しい仕事もそのときの体験が後になって活かされていきます。
ようやく丸い心に成れた今までの仕事、経験に心から感謝しています。


今を生きる


今感じるこの思いは
この瞬間でないと
味わえない
生きるとは
いろんな経験を
することかもしれない
悲しい思いも
苦しい思いも
嬉しい思いも
すべての経験が
心を強く
優しくしていく

プロ選手

こんにちは
少しの間、ブログをお休みしました。
申し訳ございません。
現在もお陰様で忙しいですが、ここ何日かは激務でした。
今月はできるだけ毎日書きたいと思います。
今日は プロ選手 です。
ゆるやかな坂道はイップス治療を行っているので、プロ選手にお逢いする機会も多いです。
しかし、プロ選手とて私たちと同じ人間です。
お話を伺うと、とても自然体なので、アマチュア選手と変わらない態度で接することができます。
特にイップスになる選手は真面目で責任感が強く、心の優しい選手が多い
です。
皆さん人格者です。
ある方から聞いたゴルフのシニアプロのお話ですが、シニアプロでイップスになっている○○選手はイップスが技術レベルでは治らないと断言してくれたそうです。
確かに技術レベルで治る選手も数パーセントいますが、それは僅かです。
イップスは無意識に大きく関係しているので、自分ではどうにもならないまま、あきらめていく選手が後を絶ちません。
スポーツをする人がいるかぎり、そこにはイップスが存在しています。
これからも皆さんのお役に立てますように、努力していきたいと思います。


青空に向かって


青空に向かって
夢を
思い描いてみる
いつか
こんな日が来ると
信じている
青空に向かって
走ってゆく
空の彼方に
未来の自分が
待っている

縮小と拡大

こんにちは 
今日は 縮小と拡大 です。
心のエネルギーは何かの障害や悩みなど、ネガティブなエネルギーに包まれているとき、エネルギーが縮小しています。
その反対に喜びに満たされているとき、自由や解放感を感じたとき、エネルギーは拡大しています。
先日、読んだ脳科学の本にも書いてありましたが、車に搭載されているGPSが私たちの心の内側にも存在しているようです。
(GPSとは目的地を教えてくれる機械です)
心のGPSはエネルギーの縮小と拡大から目的地を教えてくれます。
仕事の決断、その他の方向性、人間関係、右か左か決断に迷ったとき、それぞれを思い浮かべて、どちらの選択肢がより心が明るく広がりを感じられるか、拡大していくエネルギーを感じるものを選択すると本来の道へ進むことができるようです。
これは昨年読んだ本にも書いてあり、ときどき決断で迷ったときは使ってい
ます。
心のGPSを活用してみてください。



澄んだ青空のように


心はその声を聞くと
嬉しいとき
大きく
広がっている
不安なとき
苦しいとき
狭く
小さくなっている
君の心が
澄んだ青空のように
どこまでも
広がることを
そばにいて
見守っている


Profile

阿 部 久 美 子
IMTメンタルオフィス ゆるやかな坂道 代表
メンタルトレーナー
スポーツメンタルセラピスト
イップスの治療
野球 送球イップス ゴルフ テニス
メンタルトレーニング
メンタルケアをしています

New Entries

Categories

Archives(612)

Link

Search