欲求の階層

こんにちは
今日は 欲求の階層です。
アメリカの心理学者でアブラハム、マズローは人間の欲求を5段階に分けました。
初期は生理的欲求です。
生きていくための食欲、睡眠です。
そして、2段階めが安全欲求です。
誰にも脅かされることなく、安全に安心して生活をしていきたいという欲求です。
その上に愛情欲求、尊敬欲求、自己実現欲求と続きます。
現在は被災された皆さんに少しずつ食べ物が行き渡るようになり、今は食べ物以外の物、本が欲しい方や話を聞いてくれる人など次の段階へ移っているようです。
それを考えると娯楽のある世の中は平和な証だと思います。
私が考える欲求階層の1段階目は 生きたい 助かりたい 命を惜しむ欲求だと思います。
次の段階に食欲や睡眠が続くと思います。
命あってこそ、いろんなことができます。


命があるから


命があるから
痛みを感じる
命があるから
涙を流せる
命があるから
笑える
尊い命を
大切に思う


エネルギーの方向

こんにちは
今日は エネルギーの方向 です。
人は生きているからいろんな感情を味わいます。
恐れも感じ、不安も感じ、心配もします。
しかし、恐れ続けているとき、恐れの出来事を生み、心配ばかりしているとき心配の出来事を生み続けます。
恐れの感情もその感情があることを受け入れたら、エネルギーの方向を変えてみてください。
少しずつでも大丈夫です。
エネルギーの方向を変えていくだけで引き寄せていく未来が変わってきます。
ゆるやかな坂道の治療を受けていただいた方で被災された方がいます。
先日、お電話でお話しましたが私が何も言わなくてもエネルギーの方向が変わっていました。
そして、関東では計画停電になっている方も愚痴一つ言わず、明るい言葉が返ってきました。
暗いトンネルは抜け出ていくことができます。
エネルギーの方向を変えていくだけで。


ひとつの灯り


どんなに暗いときも
そこに
灯りを
見つけることができる
心のエネルギーを
少し変えてみる
今の心に合ったものが
引き寄せられていく

寒い春

こんにちは
今年は例年にない寒い春になりました。
昨年の今頃は冬のコートを脱いでいましたが、今年はまだコートを着てい
ます。
被災地では食料品や日用品が少しずつ揃ってきているようです。
これから心のケアの専門家が被災地へ入っていきます。
ご家族を亡くした悲しみや家を失った悲しみは想像以上に深いものです。
時間をかけて癒していかなければなりません。
寒い春は多くの人の 心の寒さ が連動しているようです。
命を授かっている以上、悲しみを越えて生きていかなければなりません。
ゆるやかな坂道がお手伝いできることがありましたら、お知らせください。


アメイジング・グレイス

こんにちは
先日、アメイジング・グレイスという映画を観てきました。
誰もが聴いたことのある美しい旋律を奏でるアメイジング・グレイスはこの名曲の誕生には秘められた実話がありました。
それを映画化したものです。
舞台は18世紀のイギリスです。
当時の貴族は奴隷貿易を行っていました。
一人の若き政治家ウイルバーフォースが奴隷貿易に反旗を翻し、奴隷貿易を廃止するために活動した実話です。
アメイジング・グレイスは当時、イギリスで生まれた讃美歌です。
この歌の作詞はある牧師です。
牧師は奴隷船の船長をしていました。
彼の航海で2万人もの黒人が命を落としました。
病になり船を降りましたが、自分がたくさんの人を死に追いやった懺悔の思いは消えることはありませんでした。
その思いからこの歌が生まれました。
今は世界中の人が歌っています。
私はこの曲を聴いていると心が癒されます。
そして、何か大きな希望を持てます。
癒しと希望がこの歌に込められているような気がします。
この映画はイギリス映画で本当に地味な作品ですが、映画館を出ると心が温かくなっていました。
ゆるやかな坂道でかけている音楽の中にもアメイジング・グレイスが入っています。
この曲をもっと深く、味わって聴けそうです。

命の灯

こんにちは
先日、瓦礫の中から生きている人が3人、発見されました。
ある人は地震のショックで声を失っていました。
そして、昨日は老婦人と16歳の少年です。
生きていることが奇跡のようです。
そして、人の命を灯に例えるならば、命の灯があるかぎり、何が起きても人は生き続けるようです。
人にはそれぞれ全うする命、寿命があると今回の出来事で思い知らされました。
全うする命がいつまでなのか、それは分かりませんが、それまでの一日一日を大切に生きていきたいと思います。


命のともしび


人は生まれる前に
命のともしびを
いただいてくる
何が起きても
命のともしびが
消えるまでは
生き続ける


有り難さ

こんにちは
今日は 有り難さ です。
避難生活をしている方が「パン一つ食べられることが有り難い」とおっしゃっていました。
今回の地震でいろんなところで 有り難さ を知る経験をした人は多いと思います。
東京でも水が飲めること、携帯が使えること、電車が走ること、電気が使えること。
数え上げたらきりがありませんが、有り難さを感じることが多いです。
今はコップ一杯の水も有り難さを感じて飲んでいます。
今までしてきた贅沢を見直す時が来たようです。
人はもっと質素に生きていけるはずです。


質素に


新しい物を買い続ける
今の時代は
終わりを告げる
物を大切に
長く
長く
労わりながら使う
そんな時代がやってくる


フリーエネルギー

こんにちは
地震が起きてから東京の街もひっそりしています。
東京の街中から水とトイレットペーパーが無くなっています。
ガソリンスタンドでは多くの車が並び、あの日からいろんなことが変わりま
した。
今回の地震で改めてエネルギーのことを考えなければいけない日が来たようです。
以前からフリーエネルギーのことが叫ばれています。
お金のかからない安全なエネルギーです。
しかし、この技術が公になると電力会社の損失が大きいので開発されても沈められている状況です。
誰もが無料で自由にエネルギー使うことができる 本来の姿へ還る日が来たようです。

1日も早く

こんにちは
連日、地震のニュースが流れています。
被害の大きさが広がっています。
一人でも多くの方の救命を祈っております。
今日から東京も停電が始まります。
地震の爪痕を思い知らされる毎日です。
昨日、治療にいらっしゃった方が「義援金は国民一人が1円を出すだけでも大きな金額になります」とおっしゃっていました。
ゆるやかな坂道には宮城県からお越しになっていた方が何人もいらっしゃいます。
皆さんが無事でいらっしゃることをお祈り申しあげます。

同じ状態

こんにちは
今日は 同じ状態 です。
日々生活していても感じることですが、心が同じ状態で1年間続くことはありません。
同じような状態 が続くことはあっても、100%同じ状態はありえません。
例えばゴルフの石川遼選手の成績はいつも変化していますね。
日々メンタルが変わるからです。
それによって体も変化していきます。
日々変化していく心を持っているから、日々変化しない生活をしているのがイチロー選手です。
毎日同じ物を食べ、同じようにストレッチをして、バッティング練習をして打席に入ります。
同じことを繰り返すことによって、心の変化や体の変化に気づきやすくなります。
今日の心は何色なのか、感じてみてください。

幸せの秘訣

こんにちは
今日は 幸せの秘訣 です。
以前からセラピストの仕事をしていて幸せを感じることが多かったですが、今は更に幸せを感じています。
亡くなった恩師の先生が天国から高いエネルギーを送ってくれているのかなぁと勝手に思っています。
先生が亡くなった後から仕事の幸せ感がとても大きくなりました。
自分の心の中で「有り難い」「幸せだなぁ」と呟くことが多くなりました。
私が考える幸せの秘訣はどんな小さなことにも幸せを見つけていくことだと思います。
今日、青空が見れたこと。ご飯が美味しかったこと。
小さな幸せはいっぱいあります。
気がつくと「有り難いなぁ」「幸せだなぁ」と思えることが増えていきます。
一つが二つになり、三つなり、更に増えていきます。
ある量を越えると幸せのスパイラルに入っていきます。
今日、寝る前に幸せだったことを思い出してみてください。


幸せの秘訣


幸せは
それを感じると
増えてゆく
どんな小さなことでもいい
幸せを
見つけてゆく
すると
たくさんの
幸せに
囲まれている


心をほどく

こんにちは
今日は 心をほどく です。
現在、金曜日の深夜にバーテンダーというドラマが放送されています。
ラパンというバーに勤める一人のバーテンダーとそのお店にいらっしゃるお客様の人間ドラマです。
昨日はピアニストのお話でした。
海外から帰国したピアニストの音色は聴いている人を緊張させてしまうような音色になっていました。
その理由は母親を憎む心の葛藤からでした。
「一呼吸置く」そんな意味を持つカクテルを作っていただき、心が張り詰めていたことに気づきます。
そして、リラックスしてピアノを弾き始めます。
ゆるやかな坂道にはピアニストの方もいらっしゃるので、よくわかるなぁと思いながらドラマを見ていました。
心と体は連動しています。
ピアノ以外の心の葛藤がピアノの演奏にも波及していきます。
今、両手で拳を作り、力を込めて思いっきり握ってください。
それが苦しんでいるとき焦っているときの心の状態です。
そして、ゆっくりと力を抜いて手を開いてください。
それがリラックスした心です。
心は目に見えませんが、気づいてください。
心が体を動かしていきます。


心をほどく


心をほどくと
自由になれる
気づかぬうちに
縛っていたのは
自分の心
心をほどくと
世界が広がる

感性を生かす

こんにちは
今日は 感性を生かす です。
前回の続きの話ですが映画「英国王のスピーチ」でセラピストが行ったものは抑圧している言葉を吐かせることでした。
国王にはふさわしくない汚い言葉を吐かせていきます。
そして、心を自由にしていきます。
ある音楽家の方がおっしゃっていた言葉で「音大では○○をしなければいけない。○○をしてはいけない。ということをたくさん学び、自分の音楽が窮屈なものになっていました。海外へ留学して初めて音楽ってこんなに自由でいいのだと学びました」という言葉をお聞きしました。
音楽でもスポーツでも基本となる技術の型がありますが、例えばプロ野球でも全てのチームのピッチャーが同じ投げ方をしていません。
ゴルフでも同じです。プロ選手がすべて同じプレースタイルではありません。
木の幹が基本の技術の型です。
そして木の枝や葉や花はそれぞれの感性や感覚です。
自分の音楽があり、自分の野球があり、自分のゴルフやテニスがあります。
音楽もスポーツもロボットが行うわけではありません。
生身の人間が行います。
最後は自分の感性や感覚を大切にしてください。

Profile

阿 部 久 美 子
IMTメンタルオフィス ゆるやかな坂道 代表
メンタルトレーナー
スポーツメンタルセラピスト
イップスの治療
野球 送球イップス ゴルフ テニス
メンタルトレーニング
メンタルケアをしています

New Entries

Categories

Archives(609)

Link

Search