人はなぜイップスになるのか

こんにちは
今日は 人はなぜイップスになるのか です。
これは他の心の症状も一緒です。
今まで何度もブログに書いてきましたが、イップスは原因ばかりでなく目的があります。
心のかかる圧力や葛藤がなければイップスにはなりません。
「こんなに心に力がかかっているよ」
「もっと心のことを労わってあげて」
というお知らせ、メッセージがあります。
そして、もう一つがイップスを乗り越えることで、もっと素晴らしい選手やもっと大きな人柄になっていくための踏み台です。
イップスにならなければイップスになった人の心の痛みがわかりません。
普通にできることの有り難さを知ることもないでしょう。
跳び箱を飛ぶときは手前に踏み台があります。
踏み台を大きくジャンプして跳び箱を飛んでいきます。
イップスからのメッセージを聞き、この経験に感謝できると完治のゴールは目前です。


高次元の自分


高次元の自分は
無意識の深い所にある
高次元の自分は
未来を知っている
なぜこの経験が
必要なのか
すべて
わかっている


胸いっぱいの幸せ

こんにちは
先日、近くの内科へ行ったときのことです。
待ち時間は5分程でしたが、その短い時間に心が癒されました。
その訳は流れていた音楽です。
柔らかい音色のピアノの音楽です。
ゆっくり耳を澄ましていると穏やかな幸せが溢れてくる感じでした。
早速、受付の人に曲の題名をお聞きすると「胸いっぱいの幸せ」というアルバムでした。
「では調べて購入してみます」とお伝えしてクリニックを出ると、看護婦さんが外まで追いかけて来て下さって「こちらにレコード会社が書いてあります」と言ってCDに入っていた一枚の葉書をいただきました。
わざわざ追いかけて来て下さった親切な心に感動しました。
そして、あんなに短い時間でも心が癒される、音楽の力に驚きました。
胸いっぱいに広がる幸せを感じた一日でした。


音楽の力


音の力は
心と体を
深いレベルで
癒してゆく
音楽は
細胞レベルで
美しい音を
聴いている


フィールド

こんにちは
今日は フィールド です。
ゆるやかな坂道のイップス治療はプロ選手から趣味でスポーツをしている人まで幅広くお越しになっています。
プロ野球選手は草野球でイップスになることが分からないとい言います。
草野球の人はプロ野球選手がイップスになることが信じられないと言います。
それはゴルフの世界でもテニスでも同じです。
それぞれのフィールドの中で心にかかる圧力がイップスとなって表れていきます。
それぞれの環境の中で生きてみないと分からないことが多いです。
それぞれの世界に痛みも喜びも存在しています。
体験がいろんなことを教えてくれます。


あの世界


環境の違いで
世界が変わる
あの世界で生きなければ
あの世界の
痛みも
喜びも
分からない

タイムスリップ

現在、仁というドラマが放送されています。
ある一人の脳外科医がタイムスリップして平成の時代から江戸時代へ行ったお話です。
外科医の技術を使って江戸時代の人々を救うお話です。
このドラマを見ていると過去と未来を深く感じます。
ゆるやかな坂道のドアには名前を記したブロンズのネームプレートがあります。
開業したときドアにネームプレートを付けたとき、なんだか不思議な気持ちでした。
遥か昔からこの名前で、この場所で、心の治療をしていくことを決めてきたような、懐かしい気持ちになりました。
ここに生まれてくる前に未来を見てきたような、不思議な気持ちでした。
また、治療をしている間も古代ローマのような時代にベージュ色の石に囲まれた部屋で心の治療をしている自分の姿を見ることがありました。
この仕事は遥か昔にもしていたと、なんとなく感じます。
また、同じ仕事ができるので、違和感なく、幸せな気持ちで心の治療をしています。


無欲 無心 平常心

こんにちは
無欲 無心 平常心 とは六大学野球の監督が目標にしていた言葉です。
野球に限らずスポーツをしている人は勝負の欲を持っていますが、それが出過ぎたとき平常心を失います。
無心 平常心でプレーできることが理想です。
勝負の欲は腕の筋肉を固くしていきます。
欲をコントロールできる力が最後は勝負の分かれ目になります。
技術レベルが同じなら最後はメンタルの力です。
これは野球、ゴルフ、テニスをはじめすべてのスポーツに共通しています。
心のこともっと深く考えてみてください。


隣の心


心は
体と一体なのに
体ばかり
気にしている
心は体の
隣で
笑っている
泣いている


プロ野球選手

こんにちは
昨日からプロ野球の公式戦が開幕しました。
予想外の展開だったチームも多かったようです。
試合の表情を見ていると悔しがったり、喜んだり、同じ一人の人間がそこにいます。
一般の人たちはプロ野球選手=メンタルが強い イップスにはならないと思っている人が多いですが、すべての球団にイップスの選手がいます。
プロ野球選手は技術はトップクラスですが、同じ人間ですから緊張もするし、プレッシャーも感じます。
暴投した記憶はトラウマになる選手もいます。
感情も記憶もそれぞれですが、同じ人間の心を持っています。

ゴルフとメンタル

こんにちは
現在、男子ゴルフではジョージア州でマスターズ・トーナメントが開催されています。
今年は石川遼選手も東北福祉大学の松山選手も予選を通過しました。
若い力が大健闘しています。
松山選手は宮里藍選手が好きで宮里選手の ゆったり打つ ことを真似したら力を発揮できるようになったそうです。
そして、タイガーウッズのプレーを見ていると何か心に引掛かるものがあるように感じます。
以前に比べたら心は落ち着きを取り戻していますが、まだ本来のメンタルに戻っていないようです。
これは私が勝手に感じることですが、タイガーウッズから 信頼 という言葉が浮かびます。
周りの人からの信頼。
自分自身への信頼。
積み上げた石は崩れても、また積み上げていくことができます。
今回優勝できたら、今までとは違う大きな喜びを感じることでしょう。
この経験が大きな自信になると思います。



自分への信頼


自分を信じられないから
不安になる
自分への信頼は
自分を信じる力


心の在り方

こんにちは
今日は 心の在り方 です。
心というものを動物に例えてみます。
人間には欲の心があります。
これは自然なものです。
しかし、スポーツをはじめ、心の治療も欲が出過ぎてしまっているとき、上手くいきません。
ビジネスの分野でも経営者の方や営業職の方は同じことをおっしゃってい
ます。
欲が出過ぎている。それを動物に例えると狼です。
牙をむき出し、よだれを垂らし、息をハアハア言いながら獲物を狙う狼の心
です。
なぜ、狼の心だと上手くいかないのか、それは余裕がないからです。
余裕があるとき心の領域は大きく広がっています。
焦っているとき、執着し過ぎているとき心は狭くなっています。
どちらにエネルギーがたくさん入るか、分かりますね。
心の治療も少し余裕がある方の方が早く治っていきます。
大きな心の器に働きかけがたくさん入るからです。
スポーツの試合も余裕のある心でプレーすることで筋肉は柔らかく動きます。
ゾーンの中にも入り易くなります。
狼の心になっていることに気付いたときは草原を走る鹿に変えていくといいと思います。
余裕のある心が幸せを連れてきます。


本当の自分へ還る

こんにちは
今日は無意識についてもう少し説明していきます。
以前のブログでも書いていますが、無意識には上層と下層があります。
上層の無意識は過去の無意識、過去の記憶が入っていく場所です。
そして、更に深い下層の無意識は未来の無意識、これからの可能性、未来を知っている場所です。
そして、なぜ今の経験が必要なのかも知っています。
無意識の中は静かです。
無意識の中は安らいでいます。
本来の自分はここにあります。
この力を意識レベルへ持っていくことで、イップスをはじめ他の心の病が治っていきます。
心の症状を抱えていなくても、無意識の働きかけでもっと楽に生きていくことができます。
無意識の働きかけで本当の自分へ還っていきます。


本当の自分


気づいている自分は
騒がしく動き
恐れや不安を
抱いている
深いところにある
本当の自分は
静かで
安らいでいる
先を見ている

非難から励ましへ

こんにちは
地震が起きてからいろんなところで非難、怒りの言葉を目にします。
怒りたい気持ちも非難したい気持ちもよくわかります。
しかし、非難を続けても地震が起きなかったあの時間へ戻ることはできません。
非難を続けても何も戻りません。
多くの人が励ましながら、労わりながら、知恵を出しながら次の階段を上っていくことが大切だと思います。
いろんな方の記事を見ながら、特に感じたことです。
建設的な発想をしていく日本であって欲しいと願います。

Profile

阿 部 久 美 子
IMTメンタルオフィス ゆるやかな坂道 代表
メンタルトレーナー
スポーツメンタルセラピスト
イップスの治療
野球 送球イップス ゴルフ テニス
メンタルトレーニング
メンタルケアをしています

New Entries

Categories

Archives(609)

Link

Search