ゾーンとスローモーション

こんにちは
最初にゾーンについて説明いたします。
ゾーンとはスポーツ選手が最高に力を出せる状態です。
これはスポーツに限らずビジネスの世界でもゾーンは存在します。
ゾーンのことは先週発売のNumber メンタルバイブルにも掲載されています。
ゾーンを体験した選手が口にする言葉は「全てがスローに感じた」「ボールがゆっくり見えた」「もう一人の自分がいて冷静に見ている」このような言葉が多いです。
感覚としては集中力が高く、コントロールしている感覚がある、という意見もあります。
ゾーンは意図して入れる心理状態ではないですが、入り易くすることは可能です。
それはアルファ波の回路を開いてくこと、スローモーションのイメージトレーニングをしていくことがゾーンに入り易くする状態を導きます。
ゾーンの状態の脳波はアルファ波が出ています。
時間の流れをゆっくり感じることができるので、周りがスローに見えます。
スローモーションのイメージトレーニングをすることで、先にゾーンの状態を体験していきます。
私も治療をしながらゾーンの状態に入ることがあります。
やはり、綺麗にゆるやかに時が流れていくことを感じます。


スローな時の流れ


ゆるやかに
綺麗に
時が流れてゆく
体の中心は
開かれ
しなやかに
体が動き出す


思い出したこと

こんにちは
今日は 思い出したこと です。
昨日、ZINの最終回を見ていて思い出したことがありました。
私も大昔、過去の時代でも同じように心の治療を行っていました。
心と体を両方治していました。
江戸よりも遥か昔です。
その頃は今よりも私自身のエネルギーは高く、もっと早く簡単に治していました。
この記憶はある一部分を段階的に思い出してきました。
今は未来へいくこともできず、過去の記憶はぼんやり思い出す感じです。
また、今回の人生も同じことをしていますが、ここへ辿り着くまではいろんなことがありました。
今の自分の方が過去の自分より、もっともっと深い感謝の心で治療をしています。
この経験が自分には必要だったのかもしれません。




最後は心

こんにちは
今日は 最後は心 です。
サッカーの長友選手がある番組で話していたことです。
長友選手が海外のチームに入って何を学んだか、それは心の大切さでした。
彼がチームの優秀な選手を見ていると、そこには 心の余裕 心のゆとり がありました。
現在の長友選手の活躍を見ていると、彼が気づき学んだことは大いに生かされているようです。
心の状態は正直に体へ伝達されます。
心の余裕は体の安定へと繋がります。
スポーツは 心技体 と言われています。
この三つのバランスが整っていることが大切です。
どんなに技術を磨いても、体を整えても、それを使いこなせる心がなければ上には行けません。
最後は心だと私は思います。
心身統一できる心があれば集中力が高まります。
心がクリアになり、無意識を大きく使うことができれば無心でプレーできます。

坐禅とイップス ゴルフ編

こんにちは
今日は 坐禅とイップス です。
先日、優勝したプログルファー小田孔明選手はかつてイップスでした。
彼がイップス克服で活用したものが坐禅でした。
坐禅もイップスを改善していく効果があります。


意識レベルの力を抜いていく効果
集中力を高める効果
深い呼吸法のリラクゼーション効果
心身統一の効果
丹田を鍛えていく効果があります。


私も坐禅を何回かしたことがあります。
終わってみるといろんな欲がなくなり、すっきりした感じでした。
心が大きく広がって研ぎ澄まされた感覚を感じました。
インターネットでは丹田を鍛える呼吸法が載っていますが、一番自然な形で丹田がしっかりしてくるのは坐禅です。
坐禅の逆三角形の形がそのまま丹田に気を集めやすい形になっています。
丹田は体の気の中心です。
ゆるやかな坂道では長く坐禅をすることができないので、禅の技術を使ったマインドフルネス認知療法と丹田集中法を組み合わせて行っています。
坐禅でイップスが治ることは理に叶っています。

人は人でしか救えない

こんにちは
もうすぐJINが最終回です。
人は人でしか救えない はJINの予告に出ていた言葉です。
改めて外科医の手術は人でしかできないことを痛感します。
どんなに医療技術が発達しても最後は人が人を救っていることをこの言葉から学びます。
心の治療もロボットにはできません。
人の心と技術が揃って行うことができます。
技術だけでは治りません。
心は目に見えないものなので、心を任せていただく難しさや喜びや感動を日々感じています。
人でしかできないものは、まだまだ世の中にたくさんあります。
人の力の尊さを知ります。


人の力


人が
人を救っている
人を助け
助けられている
人の力は
壮大で
限りなく
大きい
今日もどこかで
人が
人を
救っている


神さまのお試し

こんにちは
今日は 神さまのお試し です。
昔、ある本で 神さまのお試し があることを知りました。
神さまのお試しは大きいものから小さなものまであるようです。
私は「天狗になっていないか」「傲慢になっていないか」「自己中心になっていないか」と日々の経験で気づかされます。
無事にお試しを通過できると精神性が上がるように思います。
鼻をへし折られることが起きても最後は「へし折っていただきありがとうございます」と感謝できるといいのかもしれません。
スポーツ選手の方は勝っても感謝、負けても感謝できるといろんなことを吸収できそうです。
神さまのお試しはいろんなところに隠れています。
天国へ行くまでお試しは続きそうです。



プラスのエネルギーを与える

こんにちは
今日は プラスのエネルギーを与える です。
起こる出来事はすべて中立だという考え方があります。
しかし、現実にはすべてが中立とは思えないことも多いですが、例外の除きすべてが中立だと考えると、それにどんな意味づけを与えるかでポジティブな経験とネガティブな経験に別れます。
スポーツ選手なら「試合に負けた」その経験もプラスのエネルギーを与えていくと、もっと成長するための糧であることがわかります。
プラスのエネルギーを与えていくと、ポジティブな経験に変わります。
いきなりそんな風に考えることができなくても大丈夫です。
ほんの少しでいいです。
プラスのエネルギーを与えてみてください。
あなたの尊い経験に。


対峙から調和へ

こんにちは
今日は 対峙から調和へ です。
先日、ある音楽奏者の方がおっしゃっていた言葉です。
「心を開いて演奏できたとき観客の方と一体と成れました。今まで緊張していたときは観客やこの場所の空気と対峙していました」と話して下さいました。
これは音楽に限らず、スポーツでも言えることだと思いました。
イップスの症状が出ているとき、自分とゴルフ、自分と野球、自分とテニス、それぞれのプレーに対峙しています。
その場所、その空気と対峙しています。
その中に溶け込んで調和できたとき、集中力が高まり高い力を発揮できます。
もし、対峙している自分に気づいたら心の中で「調和」と呟いてみてください。
調和していくことが一体へと繋がります。


心の調和


静かな心が
体と
調和しているとき
周りの空気へ
溶け込んでゆく
すべてが
自然なまま
一体になる


緊張の種類

こんにちは
今日は 緊張の種類 です。
スポーツ選手にとっても一般の方にとっても緊張する瞬間があります。
緊張にも種類があります。
イップス治療や心の治療を受ける前は心臓バクバクして飛び出しそうなベータ波だけの緊張。
治療が終わった後は緊張しているけれど、深い所に安心感がある緊張に変わります。
アルファ波寄りの緊張になります。
なぜ、そうなるかと言うと私たちの無意識は静かな心の領域です。
ゆったりしていて安らいでいる心の領域です。
井戸水を汲み上げるように、無意識の力を意識レベルへ汲み上げていく作業をしていくので意識レベルの動きは本来のゆったりした力を取り戻していきます。
「緊張したけれど程良い緊張だった」おっしゃっていただくことが多いです。
小学生も同じように話してくれました。
オリンピック選手がゾーンの中で感じる緊張はアルファ波寄りの緊張になります。


心のサイン

こんにちは
今日は心のサインです。
目に見えない波動エネルギーの話です。
これは体の治療、心の治療をする場所やレストランでも感じていると思います。
なんだか気持ちいい。清々しい。
その逆で暗い感じ。なんだか行きたくない。
そんな場所はありませんか。
体の治療、心の治療は治療者のエネルギーとその空間のエネルギーが存在します。
自分に合う治療者、空間や場所へ行くことが大切です。
どんなに名医の先生でも「なんだか行きたくない」そんな気持ちが出てきたら正直な心の声を聴いてください。
自分のエネルギーと合っていないサインです。
そして、なんだかここへ行くと心が晴れやかになる、運が開けていく。
そんな場所があれば大切にしてください。
自分のエネルギーを高めてくれるサインです。


心のサイン


心のサインは
なんとなく
響いてくる
言葉にならない感覚で
なんとなく教えてくれる
心のサインは
心のメッセージ


ゴルフ イップス

こんにちは
今日は ゴルフイップスです。
最近、石川遼選手の調子が上がりません。
パターを打つ前からパットが外れるエネルギーに包まれています。
石川遼選手のプレーを見ていると、ゴルフが究極のメンタルスポーツだということを思い知らされます。
メンタルから来る筋肉の動きに誤作動が起きています。
力のバランスがわからなくなっています。
心は体と連動し、大きな影響を与えていきます。
心がすべての中心です。
石川選手はマイナスイメージの元になっている記憶の処理と解放、アルファ波を出す副交感神経を活性化することで集中力が高まり、元の状態へ戻っていくと思います。
今の状態をチャンスと捉えて、更に素晴らしい選手に成長して欲しいと願っています。

感動

こんにちは
私の心の栄養になっているものが感動です。
感動とは字のごとく心が感じて動くことです。
私は日々のイップス治療、心の治療を通して皆さんからいただく言葉に感動します。
「今こんな風に良くなっています」「こんな感じで治っています」
今までできなかったことが出来るようになっていく喜びを感じていただけたことに感動します。
心が感動すると疲れも無くなります。
それだけ 感動 することは大きな力を持っています。
感動から情熱が湧いてきます。
感動から喜びが湧いてきます。
小さな感動から大きな感動まであります。
私たちは心を持って生まれてきたから、いろんなものに感動できます。


感動すると


感動すると
人生に感謝できる
感動すると
生きる勇気が
湧いてくる
感動できる
今この瞬間が
有り難い


Profile

阿 部 久 美 子
IMTメンタルオフィス ゆるやかな坂道 代表
メンタルトレーナー
スポーツメンタルセラピスト
イップスの治療
野球 送球イップス ゴルフ テニス
メンタルトレーニング
メンタルケアをしています

New Entries

Categories

Archives(609)

Link

Search