甘さと厳しさ

こんにちは
今日は 甘さと厳しさ です。
自分に対して甘くなることに罪悪感があると言う人がいます。
甘くなることと怠けることが同じイメージになっているようです。
心は時に甘くなることも必要です。
厳しいばかりでは心は疲れます。
甘くなることと厳しくなることのバランスが大切です。
バランスがいいとき心は健康です。
バランスが欠けたとき心は症状として何かを表します。
心のバランスを大切にしてください。



瞳の輝き

こんにちは
今日は 瞳の輝きです。
先日、無事にプロボクサーになったYさんから連絡が届きました。
Yさんにお逢いしたのは今年の春でした。
所属ジムが変わったことから本来の動きができないということでお越しになりました。
Yさんにお逢いしたときから、プロボクサーを目指すYさんの目はキラキラと輝いていました。
「きっとプロボクサーになるんだろうなぁ」と私は心の中で思っていました。
昔のブログにも書きましたが、自分の力を発揮して活躍する人は試合の前から目と顔、体全体が光に包まれています。
まるで自分の未来を知っているかのように光り輝いています。
試合で結果を出すには体を鍛える日々の努力も大切ですが、体を動かす心も大切です。
人間には心が宿っています。
心が体を動かしていきます。
輝く自分を創ることで結果は自ずと見えてきます。

リラックスへのアプローチ

こんにちは
一言でリラックスと言ってもそれぞれの分野から様々なアプローチがあり
ます。
体の先生は○○関節の力を抜いてリラックス。
合気道の先生は丹田に気を集中してリラックス。
心理学の者は感情からリラックスする方法をアプローチしています。
リラックスの簡単な方程式は心の力が抜くと、体もリラックスしていきます。
ゆるやかな坂道ではそれを意識ラベルから抜く方法と無意識レベルから抜く治療とメンタルトレーンングをしています。
心と体は連動しています。
心の柔らかさは体の柔らかさへ伝達しています。
リラックスのアプローチは心が最も重要です。



セルフイメージ

こんにちは
今日は セルフイメージ です。
セルフイメージとは自分のイメージ像のことです。
セルフイメージが低いと低いままの小さな自分でまとまってしまいます。
人は本来、素晴らしい可能性を秘めています。
セルフイメージの低さは可能性に蓋をしてしまいます。
イチロー選手のお父さんはイチローがいくつの頃からなのか、定かではありませんが「イチローはプロ野球選手になるよ」長い間、イチロー選手にこの言葉を言い聞かせてきました。
呪文のように何度も聞く言葉はいつしか潜在意識に入り、プロ選手になるために心も脳も体も全てが動き出します。
セルフイメージもプロ選手になる自分を何度も思い描くようになります。
もし、あなたが自分のセルフイメージを低くする言葉を聞いたときは聞き流してください。
それに同意して小さな自分を創らないでください。
セルフイメージを高く持ち続けた人はその通りの人になります。
あきらめずに素晴らしい自分を描き続けてください。

幸せな時間

こんにちは
今日は 幸せな時間 です。
イップス治療をしているTさんから「家に帰ってぼぉーとしながらビールを飲んでいる時間が一番幸せです」というお話を聞かせていただきました。
Tさんはどんなに忙しくても、この時間を確保しているそうです。
私は仕事で感じる幸せが一番大きいですが、自宅でくつろいでいる時間も幸せです。
人はそれぞれ幸せな時間が存在しています。
幸せな時間は素の自分へ帰る時間です。
24時間を振り返って幸せな時間を見つけてみてください。
たった30分でも幸せな時間を過ごすことで、心に栄養が入っていきます。

ドミノ

こんにちは
今日は ドミノ です。
これはお越しになった皆さんに説明しているお話です。
緊迫した場面のとき、リラックスすることを心がけることが多いと思いますが
たくさんリラックスしようと思うと心には負荷がかかります。
まずは「少しリラックス」を心がけていただくと、リラックスのドミノは倒れていきます。
やがて平常心へと変化していきます。
きっかけは 少し で大丈夫です。
少し軽く 少しリラックス。
「たくさんリラックス」を「少しリラックス」へ目標を下げていくと、心に負荷をかけずにリラックスできます。


体験からの気づき

こんにちは
今日は 体験からの気づき です。
先日、ある大学野球のピッチャーの選手から聞いたお話です。
「イップスになっていた頃は暴投に対して過剰に反応していました。ミスをしたことを許して完璧主義を止めると、全てが上手くいきました」という言葉をいただきました。
ミスをしてはいけないと思えば思うほど体は固くなります。
心の力みが体の力みに繋がります。
完璧でありたい それは理想だと思いますが、プロ選手でさえもミスが出
ます。
完璧主義を止めると逆に完璧に近づくことができます。
それが心の法則です。
体験からの気づきは心にしみて分かります。
100のアドバイスより1つの体験が何よりの宝物です。
あなたの体験を大切にしてください。


体験から


あのときの言葉も
体験して
やっとわかる
体験して
学んだこと
気づいたことが
人生の宝物


三度のご飯より

こんにちは
「三度の飯より○○が好き」という言葉がありますが、私はセラピストの仕事が三度のご飯より大好きです。
新規の方にお休みは?と聞かれて「ないです」とお答えすると戸惑いのお顔をされる方がいらっしゃいます。
お気持ちは十分理解できますが、私の仕事は私が経営者なので縛りがないです。
時間が空けば、マッサージに行ったり、お昼寝をしたり、買い物に出かけられるので苦にならないです。
三度のご飯より好きな仕事に就けることは本当に有り難いです。
趣味でも仕事でも好きなことができる幸せはかけがえのないものです。
人それぞれ寿命があるので、あと何年生きるのかわかりませんが、どんなことでもいいですから好きなことをしてみてください。
好きなことをしている幸せは心に灯りをともしていきます。


好きなこと


好きなことは
好きなことに
熱中していくと
いつしか
誰かの
役に立っている



無心とリラックス

こんにちは
今日は 無心とリラックス です。
無心とリラックスはスポーツ、音楽、全ての分野において高い力を発揮する源です。
プロ野球選手がヒーローインタビューで「今日は絶対勝ちたいと思って打ちました」と答えていますが、あれはファンの人へのリップサービスです。
実際は 無心で打っている というのが本音です。
一球入魂という言葉があります。
魂を込めて打席に入り、魂を込めてピッチングをしていると思っている方が多いですが、リラックスして無心で打席に入ると、打てると言う選手が圧倒的に多いです。
ピッチャーも同じです。
無心で投げたとき、抑えられています。
無心のとき心が乱れていません。安定しています。
これは、ゴルフでもテニスでも同じです。
私たちが何かに集中しているときは無心です。
無心になれたとき結果的に魂が込められています。


ひよ子と小鳥

こんにちは
今日は ひよ子と小鳥 です。
ゴルフをしている人から聞いたお話です。
クラブのグリップを握るときにコーチから小鳥が手の中にいることを思い浮かべて、柔らかく握りなさいと指導を受けたそうです。
このお話をテニスをしている方にお話したところ「私はコーチからひよ子が手の中にいて、ひよ子をつぶさないように握りなさいと教えられました」というお話を聞かせていただきました。
ゴルフが小鳥でテニスがひよ子です。
ただ単に「軽く柔らかくグリップを握る」という指導より小鳥やひよこを使うことで体の感覚を掴みやすくなります。
そして、野球をしている人からは「ストライクが来たとき審判の後ろに自分の大切な人がいると思いなさい。バットを振らないと大切な人にボールが当たりますよ」という監督の教えだったそうです。
私たちの脳は何かに例えるとことでイメージを具現化していきます。


天国から

こんにちは
先日「素敵な金縛り」の映画を観てきました。
西田敏行さん演じる落ち武者の幽霊と深津絵里さん演じる弁護士がある事件を解決していく法廷が舞台のお話です。
観に行ってびっくりしたのは幽霊で出てくるのは西田さんだけでなく、いろんな方達です。
動物の幽霊も出てきます。
この作品を観て改めて天国にいる人の思いが分かったような気がします。
最後は心が温かくなる作品でした。
ゆるやかな坂道ではイメージトレーニングをしたとき、時折亡くなった身内の方のイメージが出てくる方がいらっしゃいます。
身内の方を思い出して涙を流していかれます。
天国にいる人達が望んでいることは「今を精一杯生きて欲しい」そのようなことかもしれません。
生きているといろんなことがあります。
笑顔の日
涙の日
苦しい日
辛い日
いろんなことを経験していきます。
いろんなことを経験して、いろんなことが分かり、生きる尊さや感謝を知ることができるようです。
先に天国へ逝かれた方達は温かい心で、私たちの日々の人生を見守っているようです。


天国から


あなたが涙するときも
あなたが笑うときも
私はずっと
見守っています
私の姿は
見えないけれど
あなたの心が
温かくなるように
天国から
光を送っています


Profile

阿 部 久 美 子
IMTメンタルオフィス ゆるやかな坂道 代表
メンタルトレーナー
スポーツメンタルセラピスト
イップスの治療
野球 送球イップス ゴルフ テニス
メンタルトレーニング
メンタルケアをしています

New Entries

Categories

Archives(612)

Link

Search