良き縁に身を任せる

こんにちは
今日は 良き縁に身を任せる です。
先日、縁のことを話して下さった方が二人もいらっしゃいました。
お一人は「これからの人生は良き縁に身を任せることにしました」とおっしゃっていただき、もうお一人は「どんな人でも縁があればここへ(ゆるやかな坂道)へ来ますよ」とおっしゃっていただきました。
そう考えると縁は不思議だなぁと思います。
世界中にはたくさんの人がいて、日本中にもたくさんの人がいます。
その中で縁ができる人、できない人がいます。
また、縁があったとしても1回だけの縁で終わる人、長く長く縁が続く人がい
ます。
縁もどこかでお互いが引き寄せているようです。
いい縁に身を任せていくと、更に素晴らしいことが待っているような気がし
ます。

シンプルに考える

こんにちは
今日は シンプルに考える です。
何かに悩んでいるときは、まるで糸こんにゃくが絡まっているように抜け道が見えません。
シンプルに考えると抜け道が見えてきます。
人は考える動物です。
悩む知性体です。
一生悩まない人は存在しません。
悩みながら迷いながら生きていきます。
しかし、頭の中で糸こんにゃくが絡まっているようでしたら、シンプルに考えることをしてみてください。
誰かの言葉からヒントが得られるかもしれません。
自分の中のひらめきかもしれません。
シンプルに考えると心の整理ができます。


心の痛みと体の痛み

こんにちは
昨日、東京は二度目の雪でした。
今日は 心の痛みと体の痛み です。
心の中で精神的な疲れやストレスがあるとき体の痛みも出やすくなります。
一般の方にとっての簡単な例が肩こりです。
心が幸せで満ち足りている時は肩こりも出にくくなります。
スポーツ選手にとっての体の痛みも同じです。
イップスを感じている時、そのストレスは体にも出やすくなります。
イップスが治ったときは体も調子が良くなったと、おっしゃっていただくことが多いです。
心のエネルギーは体のエネルギーにも反映していきます。
体の疲れが取れないとき、心にも疲れがないか見てください。
心と体は連動してあなたの中に存在しています。

メンタルが導くプロの道

こんにちは
先日、ある大学野球のピッチャーから「プロのスカウトマンはどこを一番見ていますか」と質問を受けました。
私の見解では「技術面」という回答をさせていただきましたが、日刊スポーツの人に聞いておきますと帰り際にお伝えしました。
プロ野球選手より、スカウトマンを取材しているマスコミの方がたくさんの情報を持っていると思いました。
予想通りにスカウトマンを取材した本が出ましたので、お送りしますとのことでした。
スカウトマンが見ているのは技術面、体力面だけではなく、メンタル面もスカウトの対象分野でした。
輝きのある選手は見ようとしなくても、目の中に飛び込んで来るそうです。
メンタルの落ち着き、粘り強さ、集中力はプロ選手の道へ続いています。

イップスと環境

こんにちは
今日はイップスと環境です。
イップスはプレーをする場面だけでの過剰な意識や記憶だけが関係しているケースと自分を取り巻く周りの環境が深く関係しているケースがあります。
環境が深く関係しているケースを解説していきます。
例えば監督、コーチとの確執、職場での人間関係、夫婦関係、親子関係、友人関係、恋人関係が深く関係しているケースがあります。
社会人の方は仕事のストレスも関係しています。
ある方は離婚したことでイップスが綺麗に治ったケースがあります。
夫婦関係で感じる心の負荷がイップスとなって出ていました。
心理学を勉強していない方は「なぜ、ゴルフのイップスと夫婦関係が結びつくのか」疑問を持たれるかもしれませんが、おでん鍋を想像してみてください。
おでん鍋の中には大根、さつまげ、こんにゃく、ちくわ が入っています。
おでん鍋が 心 だとイメージしてみてください。
同じ一人の人間の心の中で、家での生活、仕事、学校 スポーツ、音楽の場面でいろんなことを感じていきます。
負荷がかかっているものは心のメッセージとして、どこかに表れていきます。
心のメッセージは幸せな道に向かって、何かを教えてくれます。


心のメッセージ


心のメッセージは
警告したり
ひらめきになったり
気づきになったり
後から考えると
幸せに
つながっている

気づいて緩める

こんにちは
今日は 気づいて緩める です。
心は何かに対して負荷がかかり過ぎているとき、症状となってメッセージを発していきます。
どこに負荷がかかっているのか、気づいて緩めることが大切です。
縛りあげたままでは心が窒息してしまいます。
私たち昼間、活動したら夜は寝ますよね。
寝ることで体の休息を取っています。
心はメッセージを発してこないと、どれだけの負荷なのか、わかりにくい存在ですが、気づいてわかってあげてください。
心の緩め方はいろんなアプローチがあります。
少し楽な思考へと発想の変換。
リラックスする時間をとって心の隙間を作ります。
心の隙間ができると余裕が生まれます。
余裕が生まれるとアルファ波が出ます。
アルファ波が出ると集中できます。
集中すると素晴らしい成果が生まれます。
心の負荷に気づいたら、緩めることを実践してみてください。

希望を与えるもの

こんにちは。
今日は 希望を与えるもの です。
ゆるやかな坂道の私の机の前には富士山の写真を2枚、飾っています。
そのうちの一枚は「富士のご来光」という写真でオレンジ色の朝日が富士山の横で輝いている写真です。
もう一枚は富士山と空が薄紫色に染まっている写真です。
この2枚の写真をみていると、どんなときも希望が満ちてきます。
ある経営者の方は創業当時、部屋に富士山の写真を飾り、自分を励ましていたそうです。
その後、会社は順調に大きくなったようです。
日本一の山、富士山は高い希望と「私のようにここまで大きくなりなさい」と語っているようです。
「富士のご来光」の写真は河口湖美術館にも展示してあります。
富士山写真大賞を取った写真です。
この絵葉書をプレゼントさせていただきますので、ご希望の方はおっしゃってください。
希望が満ちて来る写真を飾ってみてください。

自分を好きになる

こんにちは
今日は 自分を好きになる です。
心理学の世界でも自己受容は大切だとされています。
自分を好きになる心の状態は自己受容から上の段階になります。
私自身の体験として今になって気付くことは、何かの症状を持っているとき自己否定の力が強いです。
そして、自己受容とともに症状が軽くなり、症状がない今は自分を好きになることができました。
自分を好きになると生きることが楽しくなります。
心が楽になります。
自己否定しているとき、心の圧力は症状を促進していきます。
自分を愛する心、認める心、慈しむ心は生きる力を与えてくれます。

紙に書いた目標は叶う

こんにちは
明けましておめでとうございます。
今日は 紙に書いた目標は叶う です。
昨年、あるトップクラスの選手がお越しになりました。
試合まで時間がない日程でしたので、2回目にお越しになったときに目標を紙に書いてもらいました。
「これを寝る前に見て下さいね」とお伝えして、その後月日が経ち、またお逢いしたときに「紙に書いた目標がすべて叶いました」という言葉をいただきま
した。
目標を紙に書くと叶うことが多いです。
それは脳のしくみに関係しています。
脳科学者の茂木健一郎さんも同じことを言っています。
経営コンサルタントの神田昌典さんもやはり、同じことをおっしゃっています。
脳は書いた目標を見ることで目標を実現しようと高精度のアンテナを張り、高速に情報収集と情報処理を行っていきます。
脳は毎秒1000万ビットを超える情報を処理しています。
そして、潜在意識にも関係しています。
明確な目標と目標を叶えている自分の姿が潜在意識に入ることで、目標は叶えられていきます。
お気に入りの絵葉書の裏に目標を書いてみてください。
そして、寝る前に見てください。
叶う期日は人によって差がありますが、一つひとつ叶っていく楽しさを実感できると思います。

Profile

阿 部 久 美 子
IMTメンタルオフィス ゆるやかな坂道 代表
メンタルトレーナー
スポーツメンタルセラピスト
イップスの治療
野球 送球イップス ゴルフ テニス
メンタルトレーニング
メンタルケアをしています

New Entries

Categories

Archives(612)

Link

Search