イメージする効果

こんにちは
今日はイメージする効果です。
先日、ある出版社の経営者の方の記事から人はイメージすると別次元でそれが存在するというお話を見つけました。
形のない世界では想像したものはリアルに存在して、現実もイメージしたものも等価になっているそうです。
小説家の村上龍さんは原稿用紙を70枚書くと設定人物が勝手に動き出すそうです。
イメージしたものはどの次元にいるかわかりませんが、こちらの世界に影響を及ぼしていくようです。
イメージトレーニングを続けると、結果に結びつくのはこのような理由があるようです。


集合的無意識

こんにちは
今日は 集合的無意識 です。
人はそれぞれに無意識を持っています。
そして、人と人の無意識が繋がっていることをユングが発見しました。
分かりやすい例としてシンクロニシティがあります。
Yさんにメールをしようと思ったらYさんからメールが来たり、Iさんはどうしているかなぁと考えているとIさんが目の前を歩いていたりするようなことがあります。
人は人と目に見えない深い部分で繋がっています。
ゆるやかな坂道にお越しになる方もある高校生がお越しになると、日を近くしてその学校を卒業した先輩がお越しになることがあります。
二人はそれぞれにイップス治療をしていることを知りません。
昨日はこんなことがありました。
セラピールームの更新が近づき不動産屋さんから書類が届きました。
封筒には新しい住所が記載されていました。
その住所を見てびっくりしました。
昨年、恩師の先生が亡くなりましたが、先生が使っていた事務所に不動屋さんが引っ越していました。
先生と勉強した思い出の場所は時々思い出していましたが、もう行くことはないと思っていました。
その場所はなだらかな坂道、ゆるやかな坂道 を登ったところにあります。
また、その場所に行ける嬉しさを感じています。


電磁波と心

こんにちは
今日は 電磁波と心 です。
これは昨年から特に感じたことです。
パソコンを使う時間を短くすると心の状態がとても良くなります。
昨年から時々、心が軽いなぁと思い、その原因を見ていくとパソコンを使用する時間がとても短いことに気づきました。
インターネットで調べ物をして長時間使用しているときはストレスが強くなり
ます。
これは電磁波が原因しています。
心の病は先進国ほど多く、後進国は少ないです。
パソコン、携帯電話の普及が高くなるほどにうつになる人も増えました。
今の時代で電磁波のない生活をするのは不可能に近いです。
しかし、しばらくの間、パソコンを使う時間を短縮してみてください。
その違いが分かると思います。

イメージトレーニングと内村選手

こんにちは
今日は イメージトレーニングと内村選手 です。
先日、某スポーツニュースで体操の内村選手が出演していました。
内村選手が練習をしていない時間に自分の手の甲を波を描くようにヒラヒラさせています。
それは頭でイメージした体の動きを手の甲をヒラヒラさせながら、イメージの再現をしています。
私も体操選手になったつもりで頭のイメージを手を動かしながらやってみると、イメージが体の感覚へ浸透しやすくなります。
内村選手曰く「イメージトレーニングをしない日はないです。今は 無 意 識 にイメージトレーニングをしています」という言葉でした。
そして、最後の質問で「天才型ですか?努力型ですか?」の答えは「努力型です」と答えていました。
このお話をイップス治療に来ているある選手に話したところ「どんな努力をしていけばいいのか、努力するポイントやコツがわかることも才能のひとつです」とおっしゃっていました。
イメージトレーニングを 無 意 識 でできるようになったら、更なる飛躍が待っています。


感情のコントロール

こんにちは
今日は 感情のコントロール です。
スポーツしている方にとっても一般の方にとっても必要なものは感情のコントロールです。
感情のコントロール法は大きく分けると二つの方向性があります。
一つ目は野球で言えばストレートのコントロールの仕方です。
マイナスな感情が出たときに呼吸やイメージを使いプラスの感情へシフトするやり方です。
二つ目は変化球のコントロール法です。
これは感情をあえてコントロールしない方法を用いることで感情がなくなっていくものです。
昔はストレートのやり方が多く使われていましたが、今は変化球のコントロール法もセラピストの中では使われています。
マイナスな感情は抵抗をするからとどまり続けます。
抵抗を止めると消えていきます。
ゆるやかな坂道ではストレートのコントロール法と変化球のコントロール法、両方を使いながら心にフィットする感情のコントロール法を提案しています。

ヨガとスポーツ

こんにちは
今日はヨガとスポーツです。
ヨガとスポーツと聞くと相反しているように思いますが、ゴルフでヨガの技術を取り入れている選手がいます。
代表的なのはタイガーウッズと宮里藍選手です。
ヨガのゆっくりした動きは副交感神経を高めることに役立ちます。
ヨガのゆっくりした動きが体の軌道を深く感知できます。
ヨガに限らず、本業の種目以外のものをミックスすることで体の動きや、技術の幅は広がります。
プロ野球選手もオフシーズンは野球以外のスポーツをする選手が大勢います。
他の世界を知ることで、他のスポーツで得られる感覚が逆に本業のものを追求できることに役立つようです。

ピア・ニールソン

こんにちは
今日は ピア・ニールソン です。
ピア・ニールソンはプロゴルファー宮里藍選手のメンタルコーチです。
ピア・ニールソンの言葉でこんな言葉があります。


悪いショットの原因は悪いスイングだが
悪いスイングを引き起こしているのは
たいてい悪い思考である


メンタルコーチらしい言葉だと思います。
「たいてい悪い思考」という言葉は体の使い方も原因の一部があるかもしれない可能性を示唆しています。
技術のコーチであれば、別な言葉になるかもしれません。
近年の宮里藍選手はメンタルも強くなったと感じています。
ゴルフをはじめ全てのスポーツは終盤に残っている選手は実力の差はほとんどありません。最後はメンタルが整っている選手が結果を出していきます。

いつかを数値化する

こんにちは
今日は いつかを数値化する です。
先日のブログでなんとなく思ったことも潜在意識へ入ると実現することを書きましたが、その可能性は賭けのようなものです。
上手く潜在意識へ入るものもあれば、入らないものもあります。
なんとなく思ったことですから、実現することもあれば実現しないこともあり
ます。
皆さんには具体的にイメージすることをお薦めいたします。
具体的にイメージする方法として「いつか〜したい」「いつか〜になりたい」ということをお聞きしますが、最初はなんとなく いつか でもいいと思います。
その思いが固まってきたら、ぜひ、数値化してください。
「〜年後に〜する」「〜歳までに〜する」 数値化することで目標が潜在意識へ入り易くなります。
実際に〜歳までに〜できなくても慌てないでください。
その方向に向かって努力しているのなら、少しずれて1年後、2年後に達成できることがあります。
いつか を数値化してみてください。

精神の安定と下腹部

こんにちは
今日は 精神の安定と下腹部 です。
心の精神安定と深く結びつている場所が丹田と下腹部です。
心の安定を図りたいときは丹田と下腹部をしっかりさせておくことで、平常心になれます。
昔から 腹が据わる という言葉がありますが、これは丹田や下腹部のことを表しています。
丹田や下腹部を安定させて覚悟を決めることから、この言葉が生まれてい
ます。
落ち着く と言う言葉も丹田に気を落として気を着地させることから、この言葉の元になっています。
極度の頻尿の方は着物を着たときだけ、頻尿が治る方がいました。
着物を着るときは腰ひもをつけます。
腰ひもが丹田と下腹部の場所にくることで、落ち着くそうです。
丹田と下腹部は心の安定に役立ちます。
現在は野球、ゴルフ、テニス、空手、柔道、弓道で丹田の集中法が使われています

潜在意識

こんにちは
今日は 潜在意識 です。
潜在意識は読んでごとく潜在的に持っている意識です。
潜在意識の解明は日々進化していますが、まだ未知なる部分がたくさんあります。
イメージトレーニングを何回も行って潜在意識へ送るやり方と、ただなんとなく思ったことが実現することもあります。
これは私の例ですが、20代の前半は青山通りを歩いていて青山に住めたらいいなぁと、ただなんとなく思っていました。
その後、月日は流れ何人かで雑談をしていたとき、どんな所に住みたいかという話になりました。
Kさんが「会社の先輩が青山の○○に住んでいて、すごく良かった。あそこに住みたいなぁ」と言いました。
私「へぇー青山の○○、そんなにいいのかぁ」とマンションの名前だけ覚えていたので、次の日にインターネットで検索して「いいなぁ」と思ったところで終りました。
その話から1年後、2年前から住んでいるマンションはKさんがあのとき話してくれた青山の○○でした。
なんだか不思議な縁を感じます。
青山に住むことはただ何となく思っただけで、具体的なイメージトレーニングはしていなかったのですが、潜在意識に希望が入ってしまったようです。
潜在意識はただ何となく思ったことも叶えてしまいます。

後悔はいらない

こんにちは
今日は 後悔はいらない です。
先日、読んだ本の中で「すべてのことに後悔はいらない」という言葉がありました。
これは勇気づけられた言葉です。
誰でも一度は「あのとき〜しておけば良かった」と後悔することがあります。
しかし、もっと高い次元で人生を見ていくとベストなことがベストなタイミングで起きているようです。
そこには1秒も狂いがないと言われています。
今はわからなくても後になって分かることが多いです。
今、後悔してもそれは後になって活かされていく糧になると思います。
すべてはいい方向へ向かっています。
今日も明日も。

Profile

阿 部 久 美 子
IMTメンタルオフィス ゆるやかな坂道 代表
メンタルトレーナー
スポーツメンタルセラピスト
イップスの治療
野球 送球イップス ゴルフ テニス
メンタルトレーニング
メンタルケアをしています

New Entries

Categories

Archives(612)

Link

Search