本当に大切なもの

こんにちは
今日は 本当に大切なもの です。
相田みつをさんの詩をご紹介します。


土の中の水道管
高いビルの下の下水
大事なものは表に出ない


この詩を見たときに心を強く打たれるのがありました。
私たちにとって一番大切なもの、それは心だと思います。
心は表には出ていません。
しかし、とても大切なものです。
そして、心を知る手掛かりは 瞳の輝き、笑顔、言葉、身にまとっている空気からそこはかとなく感じることができます。
表には出ていないあなたの心を生涯かけて大切にしてください。

イップスと手汗

こんにちは
今日は イップスと手汗 です。
最近お越しになった方でイップスになったことで、手に汗が出るようになったとおっしゃる方が数人いました。
主に野球、ゴルフ、テニスの方でした。
手の汗は自律神経と結びついています。
自律神経は精神面、体の機能面、両方をバランス良く潤滑に機能させてくれる神経です。
手の汗は交感神経が高く、副交感神経が低くなっている時、手に汗が出ます。
ゆるやかな坂道では脳からアルファ波が出る回路を開いていきます。
脳からアルファ波が出やすくなり、副交感神経が高くなり、交感神経は元の状態へ戻ります。
心身ともにリラックスできる時間が増えていきます。
イップスが治っていくと共に手の汗は掻かなくなります。
イップスと手汗、自律神経は結びついています。

人の手を借りる

こんにちは
今日は 人の手を借りる です。
以前にも同じような内容で書いたと思いますが、ある方からご相談のメールがあったのでまた、明記させていただきます。


イップスをはじめ、様々な心の症状は自分の力ではどうにもならないときがあります。
私たちは風邪をひいたとき、内科へ行きます。
骨が折れたら整形外科へ行き、目が痛くなれば眼科へ行きます。
髪が伸びれば、美容室へ行き、髪を切ってもらいます。
野菜が食べたくなれば、スーパーへ行き野菜を買います。
畑には行きません。
毎日の暮らし、そのものが誰かの手を借りて生きています。
心というものが目に見えないものなので人の手を借りることに ためらい がある方がいますが、人の手を借りることも大切です。
私たちは日々、誰かにお世話になり、誰かに支えられて生きています。
人の手を借りる 勇気を持ってみてください。
新しい世界が広がります。


高い次元

こんにちは
今日は 高い次元 です。
私は何かのサービスを受けるとき、お客様はどんな気持ちでそのサービスを受けているのか、自分がお客様の立場になって敏感に感じるようにしてい
ます。
マッサージには週に一回行っていますが、マッサージをして下さるKさんの手のエネルギーやメンタルのエネルギーが月日を重ねるごとに高くなっていくことを感じます。
それは私が信頼して感謝している気持ちに無意識に応えて下さっているのかもしれません。
高次元のマッサージという感じです。
これはスポーツをはじめ、どんな分野でも一緒ですが100の力を持っている時、60〜70は技術でもカバーできます。
しかし、残りの30〜40はメンタルの力が必要です。
メンタルの力で100の力へ到達することができます。
100以上の力を出すことができます。
これをKさんのマッサージから感じることができます。
高い次元でなにかをしている人は磨かれたメンタルを持っています。

生きている生かされている

こんにちは
今日は 生きている生かされている です。
若い頃は自分が 生きている という能動的感覚だけで生きていたように思います。
少しずつ年を重ねていくにつれて 生きている という能動的な感覚とともに 生かされている という受動的な感覚も感じるようになりました。
働いている という感覚とともに 働かせていただいている という感覚も感じます。
今の家に 住んでいる とともに 住まわせていただいている という感覚
です。 
受動的な感覚は傲慢な感覚が抜け出ていくことで感じるようになります。
身の周りで起きる出来事が偶然だけでだけではなく、必然も生じていることを感じると 生かされている ところへ辿り着きます。
偶然に今の命が宿っているとは言い難いです。
生かされているのなら、生かしていただいている使命を全うしたいと思います。

置かれた場所で咲きなさい

こんにちは
今日は 置かれた場所で咲きなさい です。
先日、二人の方がこの本を薦めて下さいました。
Sさんは本をプレゼントして下さいました。
置かれた場所とは今いる境遇であり環境です。
自分の意志で置いたと思っていても、それは導かれて置かれているのかもしれません。
この本の中に心に残る詩がありました。


こまったときに思い出され
用がすめばすぐ忘れられる
ぞうきん
台所のすみに小さくなり
むくいを知らず
朝も夜もよろこんで仕える
ぞうきんになりたい


この詩を読んで私の心境と似ていると思いました。
私の残された人生を考えると、私を皆さんに使っていただき、役立ててもらえる そんな人生になればいいと思っております。
また、役立ててもらえるように日々努力していきたいと思います。
人はそれぞれ幸せに思うポイントが違います。
娯楽から幸せを感じる方も多いと思います。
それも素晴らしいことです。
私の幸せはゆるやかな坂道にお越しになった方のお役に立てたときです。
お役に立てることを傘にして詩に書きます。


心の傘


心に雨が降ると
雨に濡れないように
大きな傘になる
晴れたら忘れ去られてしまう傘は
晴れの日が続くことを
傘を閉じて祈っている
また、心に雨が降ったときは
そっと大きな傘になっている

素直な人

こんにちは。
今日は 素直な人 です。
先日、ある本で「一流の人は素直です」という言葉を見つけました。
これはスポーツ選手や音楽関係、経済界の人とお逢いする中で私も同じように感じています。
素直というのはいろんな捉え方があると思います。
人の言葉をすべて鵜呑みにすることを素直とは言いません。
あるときは人の言葉に素直に耳を傾け、自分の感覚、感性、直感に素直であることだと思います。
今の現実を素直に受け入れています。
そして、未来を素直に信じています。
イップスの治療やメンタルトレーニング、心の治療は目に見えないものですが、一流の人は 素直に信じる心 を持っています。
素直であることは目に見えないことも、自分の頭に思い描く明るいイメージも信じられることだと思います。
素直に信じる気持ちが 一流の人 を作ります。
そして、一流は著名も無名も関係ありません。
町のパン屋さんが心から感動する美味しいパンを作っていたら、それは一流だと私は思います。
素直な心が一流の人を育てます。

緊張してもいい

こんにちは
今日は 緊張してもいい です。
人は緊張したときに「緊張してはいけない」「緊張するな」といい聞かせる人が大半です。
しかし、それでは緊張がとけません。
私は緊張すると昔から笑ってしまう癖があります。
小学生のときは国語の本読みで、悲しい物語なのに緊張のあまり笑いながら読んでしまい先生から呆れられた経験があります。
しかし、現在セラピストになり緊張したときの笑いを止める方法は「笑ってはだめ」ではなく「笑ってもいいよ」と心に言い聞かせます。
そうすると安心するのか自然と笑いが収まります。
緊張したときも「緊張してはいけない」ではなく「緊張してもいいよ」と言い聞かせると安心の回路が繋がり、緊張している感情が解放されていきます。
感情の逆説的アプローチも使ってみてください。

起き上がる

こんにちは
今日は 起き上がる です。
周りでは マイナス感情=悪いこと という方程式ができていますが、本当にそうでしょうか。
落ち込むことは悪いことではなく、起き上がることが何よりも大切です。
長い人生ですから、これからも落ち込むことがあるでしょう。
今までの人生を振り返ってみてください。
一度も落ち込んだことのない人はいません。
いっぱい落ち込んで起き上がってきました。
起き上がれないときは太陽を思い浮かべてみてください。
太陽は沈んでまた昇ります。
木々は葉が枯れ落ちて、また緑の葉をつけます。
自然の姿が教えてくれます。

Profile

阿 部 久 美 子
IMTメンタルオフィス ゆるやかな坂道 代表
メンタルトレーナー
スポーツメンタルセラピスト
イップスの治療
野球 送球イップス ゴルフ テニス
メンタルトレーニング
メンタルケアをしています

New Entries

Categories

Archives(609)

Link

Search