アニマルセラピー

こんにちは。
今日は アニマルセラピー です。
ゆるやかな坂道のある半蔵門の街はオフィイス街なので、犬や猫など動物を見ることは滅多にありません。
その中でゴールデンレトリバーを飼っている方がいて、夕方になると散歩をしています。
飼い主の方は時折、道端で馴染みの方と世間話をしています。
その間、犬は座って愛らしい顔を向けて道を通る人を見ています。
通る人は犬を撫でていきます。
私たちは動物を見たり触ったりすることで心が癒されていきます。
犬を飼っている人なら知っていると思いますが、ディスクドックという競技があります。
ディスクを投げて犬がキャッチする競技です。
イップスと聞くと野球、ゴルフ、テニスが多いですが、ディスクドッグにもイップスがあります。
ディスクを投げる腕が力んだり、震えたり、思い通りにディスクを投げられなくなります。
この一年、Aさんがディスクドッグのイップス治療でお越しになっていました。
先日の試合では今まで中で一番楽しい気持ちでディスクを投げられたそう
です。
その映像も見せていただきました。
そして、心から感謝できたとおっしゃっていました。
犬を愛するAさんはAさんの肩に愛犬の姿が見えるような気がします。
動物は愛らしい姿を通して私たちの心を癒してくれます。

プラスの思い込み

こんにちは。
久しぶりのブログです。
今日はプラスの思い込み です。
思い込みというとマイナス面で捉えられることが多いですが、思い込みもプラスに働く思い込みとマイナスに働く思い込みがあります。
プラスに働く思い込みはイップス治療と心の治療、メンタルトレーニングでもとても大切です。
プラスに働く思い込みで使われるのは鏡です。
鏡に映る自分に向かって「○○だよ。良かったね」と叶えたい目標が既に叶ったように鏡に向かって呟くやり方があります。
このやり方はスポーツや芸能界、ビジネスの分野でも使われています。
プラスの思い込みは思い込んでいくことが大切です。
既に叶っている自分の感情、エネルギーを叶う前から感じていくことで現実化していきます。

始まりは心

こんにちは。
今日は始まりは心です。
この季節になると野球のイップス治療で高校三年生の選手が多くなります。
もうすぐ引退なので最後に思い通りにボールを投げたいという願いを持ってお越しになります。
引退までの期間があまりにも短いので、毎年この時期になると私は胃が痛くなるのですが、今年はあまり痛くなっていません。
少し図太くなったようです。
メンタルの仕事をしていながら、胃が痛くなることは恥ずかしいことですが、これもやっと言えることができました
プレッシャーは気づかぬうちに体のどこかに出ています。
食欲や睡眠、胃腸、頭皮(円系脱毛)に出る方がたくさんいらっしゃいます。
それだけ心は大きな役割を持っています。
心が変わると考え方が変わります。
考え方が変わると生き方が変わります。
生き方が変わると心は楽になっていきます。
心で始まり、また心へ帰っていきます。


ゴルフのイップス

こんにちは。
今日はゴルフのイップスです。
4月に 書斎のゴルフ でゆるやかな坂道が紹介されました。
お陰様で先月、今月は雑誌を見てお越しになる方が多かったです。
ゴルフのイップスはプロ選手、研修生、トップアマチュア、趣味でゴルフをしている方まで幅広くお越しになっています。
どのフィールドにいる方でも ゴルフが好き その思いだけは共通しています。
ゴルフのイップスはイップスが治り、メンテナンスでお越しになる方から○○すると良かったと教えていただくことが多いです。
これはゴルフに限らず、野球やテニスも一緒です。
実際の体験から教えていただくと更に勉強になります。
ゴルフのイップスは長尺のパターを使っている選手は100%に近い形でパターのイップスになっています。
この長尺パターがあと2〜3年後に廃止になるそうです。
ツアーで優勝するプロ選手も長尺パターを使っています。
これから選手生命を懸けてイップス治療をする選手が増えそうです。

あと三日の命だったら

先週末からイップスの野球、ゴルフ、テニスをはじめスポーツ選手の方、心の治療を受けたい方からたくさんのお問い合わせをいただきました。
この場を借りて心から感謝申し上げます。
ありがとうございます。
今日は「あと三日の命だったら」です。
先日、あるテレビ番組で十代の子供たちを集めた番組で、ある講師の先生がこんな質問をしていました。
「あと三日の命だったら何をしますか」
「あと三ヶ月の命だったら何をしますか」
「あと一年の命だったら何をしますか」
子供たちは三日、三ヶ月の質問には旅行に行くと答えた子供が多く、あと一年の質問には家族と一緒に日々の生活を大切にすると答えた子供が多かったです。
私だったらどうするのかなぁと考えてみました。
三日の命だったら
一日目は半日だけ旅行へ行き、帰ってきたら仕事をします。
二日目は半日だけお世話になった方へ挨拶に行き、帰ってきたら仕事をし
ます。
三日目は丸一日、大好きな仕事をすると思います。
あと三日の命でも最後まで大好きな仕事をしたいという自分の深層意識が良くわかりました。
あなたはあと三日の命だったら何をしますか。
そのとき、したいことがあなたの 本当にしたいこと です。

脳の障害とメンタル

こんにちは
今日は脳の障害とメンタルです。
最近ブラッドピットが人の顔が覚えられない、失顔症であると告白しました。
脳の障害は外的な要素で原因が見つかるケースと内的なメンタル面から来るケースがあります。
検査は受けたけれど異常がないと言われて、メンタル治療やイップスの治療にお越しになる方がいます。 
脳の障害のケースはある日から簡単な数字が覚えられない、漢字が認識できない。
難しいことが考えられない、など日頃できていたことが全くできなくなります。
その根底にあるものは 〜したくない という思いと強いストレスを一定期間、感じたときに起こります。
ブラッドピットの失顔症の原因が精神的なものであれば「多くの人と関わりたくない」という気持ちと人との関係性の中で強いストレスを感じたことから生まれたものだと考えられます。
後天的に起きた失顔症は脳の検査をして異常がなければ、心の治療で治ります。

尊重とカーブ運転

こんにちは。
今日は 尊重とカーブ運転 です。
題名だけみると何の事だかわかりませんね。
これは私がカウンセリングをしていて気をつけていることです。
現在、私が担当しているのは野球、ゴルフ、テニスをはじめスポーツ選手、音楽関係者、医療従事者、一般の方です。
時折、人から○○と言われた言葉を気にされていて、私は○○と思いこみのセルフイメージが完成されているときがあります。
例えばトップクラスの選手が監督から「○○」と言われ「私は○○です」とおっしゃっていただいたときは私の心の中では「それは違う」と思いながらも「○○と言われたんですね」と監督から言われて苦しかった思いを受け止めて、尊重しながらゆっくりカーブ運転で別な視点に眼を向けていただき思考の変換へ導いています。
これがいきなりハンドルを切り返してUターン運転だと、気持ちを受け止めていない感覚があります。
時にはそれがいい方もいますが、ゆっくりカーブ運転の方が気持ちを大切にしていただいた感覚が強くなります。
昔はいきなりハンドルを切り返してUターン運転をしたこともありますが、今は気をつけています。
これは自分対自分の心の付き合い方にも応用できます。
いきなりハンドルを切り返したUターン運転がいいときと、ゆっくり自分の心を分かってあげてUターン運転をした方がいいときがあります。
気持ちを受け止める 尊重→カーブ運転 もしてみてください。


Profile

阿 部 久 美 子
IMTメンタルオフィス ゆるやかな坂道 代表
メンタルトレーナー
スポーツメンタルセラピスト
イップスの治療
野球 送球イップス ゴルフ テニス
メンタルトレーニング
メンタルケアをしています

New Entries

Categories

Archives(612)

Link

Search