苦しいのが好き 発想の転換

こんにちは。
久しぶりのブログです。
先日、あるテレビ番組で某出版会社のK社長が自宅を公開していました。
高層階のマンションには遠くに富士山が見え、景色を見ながらお風呂に入れるご自宅でした。
K社長は苦しいのが好きだとおっしゃっていました。
「苦しんで、苦しんで、悩んで、その先には輝く成功が待っているからです」とおっしゃっていました。
その言葉を聞いて 苦しむ=ネガティブ の発想が消えました。
苦しむこともいいことなんだと思えました。
自分の人生も振り返ると苦しい長いトンネルと抜けると、そこには桜が咲いていました。
しかし、その桜が嵐で花が散ったりといろんなことがありますが、生きている人の言葉、故人の言葉からも大きな学びがあり、発想の転換ができます。

幸せの基準 一切れの林檎

幸せは人によって様々です。
お金だけの数字的なことで言うとある人は貯金が一億あっても8万円のアパートに住んでいます。
資産が何十億あっても電車しか乗らない人もいます。
その人達は質素な部分を保つことによってバランスを取っているかもしれま
せん。
りんごを一切食べたら幸せな人。
丸ごと一個食べたら幸せな人。
10個食べないと幸せを感じない人もいます。
幸せの基準は人それぞれです。
一切のりんごに幸せを感じられる人は10個のりんごが手元へやってきます。

心の繋がり

今日は心の繋がりです。
心は一つに繋がっています。
大きな白いお皿に幾つかの料理を思い浮かべてみてください。
そこにはサラダがあり、パスタがあり、ハンバーグがあると思ってみてくだ
さい。
ハンバーグの異変が起きたときにハンバーグのことしか考えないのが、一般のことです。
ハンバーグだけに問題がある人もいます。
しかし、イップスをはじめ、症状が長引く人はハンバーグの異変はパスタやサラダにもあることがわかってきます。
心という同じお皿に載っているので密接に関係しています。
問題の箇所だけでなく、他のところでもストレスを感じていないか、心を観てあげてください。

グレーゾーン

3月になり、お陰様で忙しくなりました。
今日はグレーゾーンです。
心の状態は白でもなく、黒でもなく、グレーの部分を持つことで楽になっていきます。
白、黒とはっきりさせ過ぎることが強迫観念を強くしていきます。
グレーを持つことで自分に対しても優しくなれます。
グレーの心が余裕を作ります。
心の視野を広げていきます。
心のグレーゾーンは生きていくためにも必要な心の領域です。

Profile

阿 部 久 美 子
IMTメンタルオフィス ゆるやかな坂道 代表
メンタルトレーナー
スポーツメンタルセラピスト
イップスの治療
野球 送球イップス ゴルフ テニス
メンタルトレーニング
メンタルケアをしています

New Entries

Categories

Archives(612)

Link

Search